ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2016年10月11日

受賞のお知らせ ~ 小野寺 崇 主任研究員が
WET Excellent Presentation Awardを受賞

概 要

受賞者氏名: 小野寺 崇 (地域環境研究センター)
賞の名称:  WET Excellent Presentation Award
授賞機関:  Japan Society on Water Environment
受賞年月日: 2016年8月28日
受賞対象:  New concept of anaerobic treatment reactor with phase separation structure for removing inhibitor by biogas, Water and Environment Technology Conference 2016, Abstracts, 4A-09, 59, 2016

小野寺 崇(地域環境研究センター 環境技術システム研究室 主任研究員)

ひとこと

嫌気性バイオリアクターは、嫌気性微生物を活用した技術であり、廃水や廃棄物の省エネルギー処理が可能であることに加え、メタンを含むバイオガスを回収可能な創エネルギー型の環境技術です。本研究では、高効率・高耐久性の新たなバイオリアクターの開発を目指して、嫌気性微生物の働きを阻害するアンモニアや硫化水素を除去するために、微生物自身が生成するバイオガスを巧みに利用する新たなコンセプトを提案しました。本コンセプトのリアクターは、嫌気性微生物が生成するバイオガスを廃水に自然導入し、廃水に含まれる阻害物をガスストリッピングによって予め除去することで、阻害物濃度の低減を図ることができる独創的な構造となっております。今後はラボスケールリアクターを用いた運転性能評価によって、実用化に向けた技術開発を進めていく予定です。今回の受賞を励みにして、社会に役立つ環境技術の開発ができるよう、研究に精進して参りたいと思います。