ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2015年6月2日

受賞のお知らせ ~ SHI YUSHENG 特別研究員らが日本リモートセンシング学会優秀論文発表賞を受賞

概要

受賞者氏名: SHI YUSHENG(環境計測研究センター)、松永 恒雄(環境計測研究センター)
賞の名称:  平成26年度一般社団法人日本リモートセンシング学会 優秀論文発表賞
授賞機関:  一般社団法人日本リモートセンシング学会
受賞年月日: 2015年06月02日
受賞対象:  High-resolution mapping of biomass burning emissions in Southeast Asia during 2001-2010

左:松永 恒雄(環境計測研究センター 環境情報解析研究室長)、
右:SHI Yusheng(環境計測研究センター 環境情報解析研究室 特別研究員)

ひとこと

It is a tremendous honor for me to receive the Best Presentation Award from Remote Sensing Society of Japan on the work of high-resolution mapping of biomass burning emissions.

This study developed a new 1-km high-resolution and multi-year emissions inventory for biomass burning in Southeast Asia during 2001–2010. It provides an overall assessment of the potential effects and the relevant information for formulation of appropriate mitigation measures for developing countries in Southeast Asia.Meanwhile, the results also help policy makers establish guidelines for terrestrial ecosystem management and air pollution control.

The following work will be conducted on the contribution evaluation of biomass burning emissions to regional global warming and air quality.

(日本語訳)
 この度、バイオマス燃焼排出量の⾼解像度マッピングの研究で、日本リモートセンシング学会優秀論文発表賞を受賞したことは私にとって大変な名誉です。
 本研究では、2001年から2010年の東南アジアのバイオマス燃焼について、1kmメッシュの⾼解像度で新たな排出インベントリを開発しました。このインベントリは、熱帯域の火災が炭素収支に及ぼす潜在的な影響の総合的な評価を可能にするものであると同時に、東南アジアの発展途上国が適切な地球温暖化の影響緩和策を策定するために必要な基盤的情報も提供します。また、これらの国々の政策立案者が陸域⽣態系の管理や大気汚染防止のガイドラインを立案する際にも本インベントリは役立つことでしょう。
 今後は地球温暖化や大気質に対するバイオマス燃焼排出の寄与に関する研究を進める予定です。

リンク

【GOSAT-2 (温室効果ガス観測技術衛星GOSAT「いぶき」2号)】
http://www.gosat-2.nies.go.jp/

【組織紹介-環境計測研究センター】
http://www.nies.go.jp/sosiki/analysis.html