ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2013年10月10日

第11回環境研究シンポジウム「水圏・海洋を巡る環境研究の最前線」の開催について【終了しました】

(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ、文部科学記者会、科学記者会、農政クラブ、農林記者会、農業技術クラブ、林政記者クラブ、水産庁記者クラブ、経済産業記者会、経済産業省新聞記者会ペンクラブ、国土交通記者会、国土交通省建設専門紙記者会、国土交通省交通運輸記者会、気象庁記者クラブ、神奈川県庁記者クラブ 同時発表)

平成25年10月10日(木)
環境研究機関連絡会
 

 環境研究を行う国立、独立行政法人及び国立大学法人の13研究機関から構成される環境研究機関連絡会は、平成25年11月13日(水)、一橋大学一橋講堂(東京都千代田区)において、第11回環境研究シンポジウムを開催し、各研究機関における環境研究の成果を広く国民にお知らせします。 今回のシンポジウムでは、『水圏・海洋を巡る環境研究の最前線』をテーマとして、10件の講演を行います。また、約100件のポスター発表によって、各研究機関における環境研究の最新の成果をお伝えします。 多数の皆様のご来場をお待ち申し上げております。
 

1.日時

平成25年11月13日(水) 12:00 ~ 17:45

2.場 所

一橋大学一橋講堂(学術総合センター内)
    〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号 
    TEL: 03-4212-3900

3.プログラム

以下の3部構成(詳細は別記参照
 第1部:川上から川下までの水圏環境研究
 第2部:沿岸域を中心とした水圏環境研究
 第3部:グローバルな視点からの水圏環境研究

4.参加費

無料

5.参加登録

参加ご希望の方は、下記のウェブページから登録をお願いします。

  • このイベントは終了しました

6.環境研究機関連絡会とは

 今日発生している様々な環境問題を解決するためには、各専門領域にとどまることなく、これらを包含した総合的視点から、各専門分野の研究を推進する必要があります。
 また、環境研究に関する多様なニーズに応え、効果的、効率的な研究を推進していくため、新たな情報交換の場を設け、より一層、連携・協力を緊密にしていくことが不可欠となっています。
 そこで、環境研究に携わる国立、独立行政法人及び国立大学法人の研究機関が情報交換し、環境研究の連携を緊密にするため、「環境研究機関連絡会」が平成13年に設置されました。

連絡会では、
(1) 環境研究の推進状況の紹介と相互理解
(2) 環境研究の主要成果の紹介
(3) 環境研究の協力・連携・連絡
などを行っています。

7.環境研究機関連絡会の参加機関(平成25年10月現在)

  独立行政法人防災科学技術研究所
  独立行政法人物質・材料研究機構
  独立行政法人農業環境技術研究所 
  独立行政法人森林総合研究所
  独立行政法人水産総合研究センター
  独立行政法人産業技術総合研究所
  国土交通省気象庁気象研究所
  国土交通省国土技術政策総合研究所
  独立行政法人建築研究所
  独立行政法人港湾空港技術研究所
  独立行政法人土木研究所
  独立行政法人国立環境研究所
  国立大学法人筑波大学

8.お問い合せ先

環境研究機関連絡会 事務局
(独立行政法人水産総合研究センター 研究推進部 担当:長崎)
   〒220-6115 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3
クィーンズタワーB 15F
   TEL:045-227-2679 FAX:045-227-2704

(国土交通省気象庁気象研究所 企画室 担当:海老田)
   〒305-0052 茨城県つくば市長峰1-1
   TEL:029-853-8532 FAX:029-853-8545

9.会場周辺地図

学術総合センター(神保町駅から徒歩3分、竹橋駅から徒歩4分)

地図

プログラム詳細

開会挨拶

13:00 (独)水産総合研究センター 理事長 松里 壽彦

第1部:川上から川下までの水圏環境研究

13:10 講演1 森林における物質の動態と下流への流出(20分)
      講演者:(独)森林総合研究所 立地環境研究領域
           チーム長 小林 政広

13:30 講演2 農地から水圏へ-窒素負荷流出研究の現状(20分)
      講演者:(独)農業環境技術研究所 物質循環研究領域
           主任研究員 板橋 直

13:50 講演3 河川汽水域の保全と再生(20分)
      講演者:国土交通省国土技術政策総合研究所 河川研究部 河川研究室
           主任研究官 中村 圭吾

14:10 講演4 水中の汚染物質の検出法の開発
           ~ナノ材料と光を用いた高感度な検出法について~(20分)
      講演者:(独)物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
           ナノシステム構築ユニット ナノシステム光学グループ
           グループリーダー 長尾 忠昭

第2部:沿岸地域を中心とした水圏環境研究

14:30 講演5 海洋のリン循環に関する研究(20分)
      講演者:(独)産業技術総合研究所 環境管理技術研究部門
           海洋環境評価研究グループ長 鈴村 昌弘

(休憩15分)

15:05 講演6 漁場環境保全を目指した海洋研究のフロンティア(20分)
      講演者:(独)水産総合研究センター 研究推進部
           研究開発コーディネーター 長崎 慶三

15:25 講演7 干潟・砂浜の生態地盤学(20分)
      講演者:(独)港湾空港技術研究所 地盤研究領域 
           動土質研究チームリーダー 佐々 真志

第3部:グローバルな視点からの水圏環境研究

15:45 講演8 北極域環境研究最前線:北極がホットになるホットな話題(20分)
      講演者:国立大学法人筑波大学 生命環境系 教授
           計算科学研究センター 地球環境研究部門長 田中 博

16:05 講演9 「もうひとつのCO2問題」海洋酸性化と海の二酸化炭素観測(20分)
      講演者:国土交通省気象庁気象研究所 海洋・地球化学研究部 第三研究室
           研究官 小杉 如央

16:25 講演10 サンゴ礁への気候変動の影響:地球温暖化と海洋酸性化(20分)
      講演者:(独)国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 
           生物多様性保全計画研究室
           室長 山野 博哉

閉会挨拶

16:45 (独)防災科学技術研究所 理事長 岡田 義光

ポスター発表

○ 展示時間 12:00 ~ 17:45
○ 発表時間 12:00 ~ 12:45、17:00 ~ 17:45

関連新着情報

関連記事

関連研究報告書

関連研究者