ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

湖沼長期モニタリングの実施と国内外観測ネットワークへの観測データ提供(平成 31年度)
Long-term Monitoring Projects of Freshwater Ecosystems

予算区分
AP 基盤整備
研究課題コード
1620AP009
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
霞ヶ浦,長期モニタリング,湖沼,摩周湖,データベース,観測ネットワーク,GEMS/Water,日本長期生態学研究ネットワーク,国連
キーワード(英語)
Lake Kasumigaura, long-term monitoring, lakes, Lake Mashu, database, observation networks, GEMS/Water, JaLTER, UN

研究概要

霞ヶ浦、摩周湖をはじめとする陸水環境の長期観測を継続するとともに、生態系の評価・保全・管理に向けた基盤整備を行い、国内外の観測ネットワーク活動等に貢献する。3つのサブテーマを設けて、実施する。

(1)GEMS/Water ナショナルセンター事業
 国連(UNEP)の地球環境監視システム陸水監視部門(GEMS/Water)のわが国のナショナルセンターとして、霞ヶ浦、摩周湖に加えて地方公共団体等から提供される河川・湖沼における水質データを収集し、世界最大規模の淡水水質データベースGEMStatへの登録を行う。また、JaLTER(Japan Long Term Ecological Research Network、日本長期生態学研究ネットワーク)、GBIF(地球規模生物多様性情報機構)等の国内外の観測ネットワーク活動やデータベース事業に参加する。

(2)霞ヶ浦長期モニタリング
 代表的な富栄養湖である霞ヶ浦を、GEMS/WaterトレンドモニタリングステーションおよびJaLTERコアサイトとして、定期的な採水・採泥調査と生物調査を実施し、結果はデータベースで整備・公開する。また、モニタリング手法の開発、長期的な生物群集や生態系の変動要因の解析等を行う。

(3)摩周湖長期モニタリング
 日本最大の透明度を持つ摩周湖を、GEMS/Waterベースラインモニタリングステーションとして、年2回の定期集中観測に加え、ロガーの設置により通年のデータを取得する。得られたデータを、整備・公開する。また、長期データを活用し、越境汚染や気候変動の影響、透明度の維持機構について分析する。

今年度の研究概要

(1)GEMS/Waterナショナルセンター
霞ヶ浦、摩周湖を含む国内観測地点の水質データを収集し、GEMStatに登録する。また、霞ヶ浦については、JaLTERやGBIFにもデータを登録する。

(2)霞ヶ浦長期モニタリング
毎月の定期調査を通じて10地点での採水と現場測定を行い、底質環境のモニタリングも定期的に実施する。最新のデータを霞ヶ浦データベースに公開するとともに、データベース上で公開するデータの形式について再検討を行う。気候変動適応研究PJ2-2「湖沼・流域生態系の観測の高度化と気候変動の影響評価および適応に関する研究」と連携し,メタンガスおよびNH3・NOxガスのフラックス観測システムを構築する。昨年度に引き続き、長期モニタリングデータを用いた因果関係分析を行う。

(3)摩周湖長期モニタリング
 国立環境研究所の観測を継承した地元自治体を中心とする協議会に参画し、GEMS/Waterベースラインモニタリングサイトとして継続性のあるデータ取得のための支援を行う。最新のデータを含む各種観測値をデータベース公開する。

外部との連携

霞ヶ浦長期モニタリングは、JaLTER(日本長期生態学研究ネットワーク)と連携する。摩周湖長期モニタリングは、北海道立総合研究機構、北見工業大学、北海道大学、山梨大学、日本大学との共同研究として実施する。

備考

地域環境研究センター、環境計測研究センター、地球環境研究センターと密に連携して進める。

課題代表者

松崎 慎一郎

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性資源保全研究推進室
  • 主任研究員
  • 博士(農学)
  • 生物学,農学,水産学
portrait

担当者