ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

安全確保研究プログラム(平成 29年度)
Research program on health and environmental safety

研究課題コード
1620SP040
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
健康影響,生態影響,化学分析,動態把握,大気汚染,水環境保全,リスク評価・管理体系
キーワード(英語)
Health effect,Ecotoxicological effect,Chemical analysis,Environmental fate,Atmospheric pollution,Water environmental protection,Risk assessment and management framework

研究概要

生体高次機能、継世代影響などの健康・環境リスクの評価・管理手法、新たな生態影響評価体系、迅速性と網羅性を高める化学分析と動態把握、及びPM2.5などの大気汚染、地域水環境保全に関する体系的研究を進める。これにより、現時点でアプローチが定まっていない健康・環境リスクの評価体系と網羅的かつ迅速な監視・予測手法、管理技術を確立する。よってWSSD2020年目標の達成と大気汚染対策、健全な水循環の達成に貢献し、さらに2020年以降の持続可能な安全確保社会に向けた科学的課題と方法を示す。

全体計画

健康影響、生態影響、化学分析、動態把握、大気汚染、水環境保全、評価体系などに関する以下の8プロジェクトによって研究を実施する。
PJ1:化学物質の小児・将来世代に与える健康影響評価研究プロジェクト
PJ2:多種・新規化学物質曝露の包括的把握・網羅的分析手法の開発と環境監視ネットワークへの展開プロジェクト
PJ3:生態学モデルに基づく生態リスク評価・管理に関する研究プロジェクト
PJ4:生態影響の包括的・効率的評価体系構築プロジェクト
PJ5:マルチスケール化学動態研究プロジェクト
PJ6:PM2.5など大気汚染の実態解明と毒性・健康影響に関する研究プロジェクト
PJ7:地域の水環境保全に向けた水質改善・評価手法の開発プロジェクト
PJ8:リスクへの評価・管理の体系構築研究プロジェクト

今年度の研究概要

健康影響、生態影響、化学分析、動態把握、大気汚染、水環境保全、評価体系などに関する以下の8プロジェクトによって研究を実施する。
PJ1:化学物質の小児・将来世代に与える健康影響評価研究プロジェクト
PJ2:多種・新規化学物質曝露の包括的把握・網羅的分析手法の開発と環境監視ネットワークへの展開プロジェクト
PJ3:生態学モデルに基づく生態リスク評価・管理に関する研究プロジェクト
PJ4:生態影響の包括的・効率的評価体系構築プロジェクト
PJ5:マルチスケール化学動態研究プロジェクト
PJ6:PM2.5など大気汚染の実態解明と毒性・健康影響に関する研究プロジェクト
PJ7:地域の水環境保全に向けた水質改善・評価手法の開発プロジェクト
PJ8:リスクへの評価・管理の体系構築研究プロジェクト

課題代表者

鈴木 規之

  • 環境リスク・健康研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 工学,化学,土木工学
portrait

担当者