ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境省 感謝状

  • 受賞者:
    国立環境研究所 災害環境マネジメント戦略推進オフィス
  • 受賞対象:
    平成28年熊本地震における災害廃棄物の処理に関する支援活動
  • 受賞者からひとこと:
     平成28年熊本地震の被災地において、未だ大変な生活を余儀なくされていらっしゃる多くの住民の皆さまに、心からお見舞い申し上げます。国立環境研究所では、東日本大震災をはじめ過去の災害で発生した災害廃棄物の処理に対し、研究所の立場からの様々な支援と研究活動を推進して参りました。そうした中、本年4月に発生した熊本地震におきましては、昨年9月に環境省において発足させた「D.Waste-Net(災害廃棄物処理支援ネットワーク)」の一員として、本年4月に国立環境研究所内に新たに組織されたばかりの「災害環境マネジメント戦略推進オフィス」から現地に職員を派遣し、発災当初より7月下旬までの期間、災害廃棄物の処理に関する支援活動を行って参りました。本感謝状は、これまでの貢献活動が評価され、贈呈されたものです。近年では毎年のように大きな人的・物的被害を伴う自然災害が発生しており、また南海トラフ地震・首都直下地震等の大規模災害発生の切迫性も指摘される中、災害廃棄物の迅速かつ適正な処理の重要性はますます高まっております。今後とも国民の皆さまのお役に立てるよう、国立研究機関としての役割を着実に果たして参る所存です。

The Outstanding Poster Award

  • 受賞者:
    中島 謙一(資源循環・廃棄物研究センター)
  • 受賞対象:
    Elemental distribution thermodynamically evaluated in an electric furnace for ferronickel production, The 12th Biennial International Conference on Ecobalance (Ecobalance 2016)
  • 受賞者からひとこと:
     The 12th Biennial International Conference on Ecobalance (Ecobalance 2016)にて、The Outstanding Poster Awardを頂きました。The Outstanding Poster Awardは、Ecobalance2016の審査員による一次審査・二次審査を経て約110件程度のポスター発表の中から1件が選ばれます。今回のEcobalance2016では、主要なニッケル原料であるフェロニッケルの製錬プロセスを取り上げて、熱力学解析により各種の元素の分配挙動を明らかにすると共に、忌避元素である燐(P)の分配挙動に着目して、Pを含む劣質な静脈資源(例えば、めっきスラッジ等)を由来とする二次資源の利用可能性を模擬実験の結果を踏まえて示しました。様々な専門家が一堂に会するエコバランス国際会議において、本研究の意義を認めて頂けたことは非常に名誉であると共に、さらなる研究発展を期待されての受賞であると理解しております。今後、更なる精進と共に、資源利用の高度化・高効率化を含めて持続可能な資源管理に向けた研究・情報発信に努めていきたいと思います。

関連記事