イベント

  • 研究者と話そう
  • 施設公開
  • 展示
  • 体験
  • クイズ
  • その他
  • 1.地球温暖化研究棟
  • 2.低公害車実験施設
  • 3.研究本館III
  • 4.大山記念ホール
  • 5.循環・廃棄物研究棟
  • 6.研究本館I
  • 7.ナノ粒子健康影響実験棟
  • 8.動物実験棟
  • 9.環境試料タイムカプセル棟
  • 10.水環境実験施設
  • 11.環境生物保存棟
  • 12.生物環境調節実験施設
  • 13.環境保健研究棟
  • 14.環境リスク研究棟
  • 体験

1. Dr.***ンジャーと考える防災と地球温暖化

地球温暖化の影響によりこれまでにない豪雨などがおこる可能性が高まっています。つくばを拠点に活動するDr.***ンジャーをお招きし、そのわかりやすいパフォーマンスや独自の工作等を通じて、今後の地球温暖化への対応を学びます。さあ、Dr.***ンジャーは研究所のどこに現れるのか???

    • 研究本館I
    • 地球温暖化研究棟
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 体験

2. 「自転車発電生活」を体験してみる

2. 「自転車発電生活」を体験してみる

普段はスイッチ一つで便利に使っている照明やテレビなどの家電製品、その多くは化石燃料の使用による電力で稼働しています。恒例となった自転車発電体験、今回は普段よく使うテレビ、スマートフォン、ゲーム、電球など、いろいろなものを動かしてみながら、エネルギーと環境の問題を学びます。

  • 子ども用1台、大人用1台の自転車を用意しています。

    • 09:30~16:00
    • 低公害車実験施設
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 12.つくる責任 つかう責任
  • 展示

3. メタンを知ろう、測ろう!(2)

3. メタンを知ろう、測ろう!(2)

最新機器を使って空気のメタン濃度測定のデモを行います。いくつかの種類の土壌を用意し、そこから発生するメタンを測定し、どのような条件でメタンが発生するかを実験的に確かめます。温室効果ガスであるメタンの基礎知識(発生源、削減法など)をレクチャーします。

    • 09:30~16:00
    • 地球温暖化研究棟
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 展示

4. 地球環境モニタリング(空から民間航空機を利用して測る)

4. 地球環境モニタリング(空から民間航空機を利用して測る)

地球温暖化の仕組みを正確に把握するには、大気中の温室効果ガスを正確かつ頻繁に観測しなければなりません。民間航空機を利用した上空からの温室効果ガスの観測プロジェクト中心にご紹介します。

  • 先着順
    希望者にシールをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 地球温暖化研究棟
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 研究者と話そう

5. 温暖化が進むと何が困るかみんなで考える会

5. 温暖化が進むと何が困るかみんなで考える会

地球温暖化が引き起こす様々な影響について参加者と議論します。影響が別の問題を引き起こす「影響の連鎖」を分かりやすく表したネットワーク図を基に、参加者の皆さんは地球温暖化で何が問題だと思うか、そのためにはどうしたらよいか、つながりをたどって考えます。モデレーターは江守正多、パネリストは横畠徳太ほか。

    • 14:00~15:30
    • 地球温暖化研究棟
    • 1.貧困をなくそう
    • 2.飢饉をゼロに
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 13.気候変動に具体的な対策を
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 体験

6. きせかえ絵本を作ろう~みんなの工作室~

お出かけするクマちゃんにぴったりのコーディネートを選びながら、
熱中症と有害紫外線の予防について考えます。

  • 500名(先着順)。
    参加者には出来上がった絵本などをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 地球温暖化研究棟
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 施設公開

7. 最先端研究施設潜入ツアー(航空機モニタリング、スーパーコンピュータ、GOSAT)

地球温暖化研究の最前線である研究施設への潜入ツアーです。クイズに挑戦。空気中の二酸化炭素濃度の測り方から、温暖化した未来を予測するス-パーコンピュータの正体まで。日頃見ることのできない研究現場や、研究者たちの素顔が次々と明らかに。

  • 午前・午後各2回 1ツアー10名まで。
    10:00~10:45
    11:00~11:45
    13:30~14:15
    14:30~15:15
    午前9:30から受付開始、午前分の予約受付(整理券配布)。
    午後13:00から受付開始、午後分の予約受付(整理券配布)。
    参加者にツアーマップ等の資料をプレゼント。

    • 地球温暖化研究棟
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 体験

8. これから天気はどうなるの?気候の未来を予測する

毎年のように「観測史上最高の気温」や「いのちに危険をおよぼす暑さ」があったり、少しづつ地球は温暖化しています。これから先、よく起こる大雨、洪水、水不足などは、どうなるのでしょうか。紫外線から身を守ってくれる「オゾン層」はどうなるのでしょうか。クイズなどを交えて様々な体験をしていただきます。

    • 09:30~16:00
    • 地球温暖化研究棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 体験

9. こでん屋さん

9. こでん屋さん

おでん屋ならぬ、こでん屋です。
携帯電話やデジタルカメラ等の使用済みの小型家電製品(小電:こでん)に、金属を含めた貴重な資源が含まれていることが体感できるゲームです。今年はセルフレジも導入し、さらにバージョンアップ。めざせ、資源回収チャンピオン!

  • 今年はご家庭で不要になった小型家電製品の回収は行っておりません。
    ゲームに参加した人にビー玉とシールをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 循環・廃棄物研究棟
    • 12.つくる責任 つかう責任
  • 施設公開

10. 熱処理プラント実験室公開

10. 熱処理プラント実験室公開

プラント室にある実験用焼却炉等の説明や関連する研究内容の説明、都市ごみ溶融スラグや廃家電に関する展示および説明を行います。

    • 09:30~16:00
    • 循環・廃棄物研究棟
    • 12.つくる責任 つかう責任
  • その他

11. トレジャーハンター ~埋立地の謎を追え!~

廃棄物埋立地について楽しく学ぶことができる体験型のゲームです。最終処分プラント実験室に隠されたクイズの答えを探し出せるかな?

  • 12:00~13:00はプラント室の公開を行っています。
    マグネットステッカーをゲーム参加者にプレゼント(個数制限あり)。

    • 09:30~12:00
    • 13:00~16:00
    • 循環・廃棄物研究棟
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 12.つくる責任 つかう責任
  • 展示

12. 排水の処理と資源の循環

12. 排水の処理と資源の循環

微生物を利用した、生活排水や有機性廃棄物などの処理・循環利用技術に関する展示と説明を行います。浄化槽のミニチュアモデルや、汚泥から作られたコンポスト、回収リンなどの展示を行います。

    • 09:30~16:00
    • 循環・廃棄物研究棟
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 体験

13. 紙を使って色を分けよう

紙の上に着点した色素を液体を使って移動させます。色によって移動距離が違うことを利用していろいろな模様をつくってみましょう。完成品はしおり等として利用できます。

  • 実験の説明書と模様を描くための紙を一人1つプレゼント。
    整理券配布、200名(先着順)。

    • 09:30~12:00
      13:00~15:30
    • 循環・廃棄物研究棟
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 展示

14. 災害時の廃棄物処理についての展示とクイズ

14. 災害時の廃棄物処理についての展示とクイズ

災害時の廃棄物処理の様子が分かる写真を廊下壁面に掲示し、また動画を階段下スペースに設置した大型液晶モニターに映して公開します。センター内の各企画の待ち時間にちょっと眺めて頂くことができるような展示になります。小学生向けWebクイズも実施します。

    • 09:30~16:00
    • 循環・廃棄物研究棟
    • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 展示

15. 環境リスク・健康研究センターの紹介

15. 環境リスク・健康研究センターの紹介

環境リスク・健康研究センターで行われている研究を、ポスター展示にて紹介します。

    • 09:30~16:00
    • 環境リスク研究棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 12.つくる責任 つかう責任
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
    • 16.平和と公正をすべての人に
  • 体験

16. 化学物質の動きを立体的に見てみよう

16. 化学物質の動きを立体的に見てみよう

天気予報や化学物質の動きを予測するシミュレーションモデルの計算結果を3Dメガネを使って見てもらいます。

    • 09:30~16:00
    • 環境リスク研究棟
    • 12.つくる責任 つかう責任
  • 体験

17. サメやタコのタッチプール

17. サメやタコのタッチプール

ドチザメやネコザメにさわって“さめ肌”を実体験。タコや磯の生き物にもふれて、海の生き物たちが多種多様で不思議な特徴を持つ、個性豊かな存在であることを知ってください。

    • 09:30~16:00
    • 環境リスク研究棟
    • 12.つくる責任 つかう責任
    • 14.海の豊かさを守ろう
  • 体験

18. 展示と実演「見て、さわって…ビックリ能力、新発見!」

マンボウやビクニンにさわったこと、ありますか?珍しい深海のサメにも登場してもらいます!彼らにさわって、その感触を確かめてみてください。また、眠る魚や泳ぐ貝…などの姿もお披露目します!滅多に見られない、また、さわれない生き物が皆さんのお越しをお待ちしています!
【見て、さわって、感じる、常設展示】
 ①クラゲにタッチ!赤ちゃんも観察!
 ②マンボウの肌はスベスベ?ザラザラ?
 ③ビクニンにさわったら…?
 ④深海ザメ、参上!
【実演コーナー】
 ①寝ているドジョウを掘り起こそう?!乾眠から目覚める肺魚も大公開!!
 ②目撃!泳ぐヒオウギガイ
 ③コバンザメの吸盤はどれくらい強い?
 ④キュウセンさん、お休みのところ、すいません!

    • (実演コーナー)
    • 11:00~11:30
    • 13:30~14:00
    • 14:30~15:00
    • (常設展示)
    • 09:30~16:00
    • 環境リスク研究棟
    • 12.つくる責任 つかう責任
    • 14.海の豊かさを守ろう
  • 展示

19. 研究紹介:東京湾と福島県潮間帯・沿岸の環境と魚介類の「今」

19. 研究紹介:東京湾と福島県潮間帯・沿岸の環境と魚介類の「今」

日本には豊かな自然が広がり、多くの生き物が暮らしてきましたが、沿岸開発や災害などによってその姿は変化し、生き物も影響を受けてきました。ここでは、首都圏を後背地に持つ東京湾と震災・原発事故後の福島県で私たちが行ってきた調査結果をパネルで展示します。新たにわかったことをご覧ください。普段、あまり目にすることがないかもしれない海の環境と生き物たちの“今”をご紹介します。

    • 09:30~16:00
    • 環境リスク研究棟
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 12.つくる責任 つかう責任
    • 14.海の豊かさを守ろう
  • 体験

20. みんなで採水器を作ってみよう

20. みんなで採水器を作ってみよう

海では暑い季節に表層と海底の間で水の性質が変わる『成層』という状態になります。水槽で成層を作り出し、上側と下側の水にそれぞれ別の色を着けてみよう。そして、水槽の上側の水はとらずに、底の水だけ汲むことのできる採水器を作り、実際に採水してみよう。

  • 各回18名程度(スペース制限のため最大20名まで)、約1時間。
    先着順。希望者多数の場合は、次の回の優先券を先着順に配布。
    独力で工作できる年齢の方が対象(小学生を主たる参加者として想定)。
    必要に応じて保護者のお手伝いをお願いします。
    製作した採水器を参加者に配布。

    • 10:30~11:30
    • 14:00~15:00
    • 環境リスク研究棟
    • 14.海の豊かさを守ろう
  • 施設公開

21. ナノ棟施設紹介

21. ナノ棟施設紹介

はだかのエンジンや分析計を公開します。

    • 09:30~16:00
    • ナノ粒子健康影響実験棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 体験

22. 普段は見えない空気中の微粒子(チリ)を見てみよう

22. 普段は見えない空気中の微粒子(チリ)を見てみよう

とってもきれいな空気と、普段は目に見えない空気中の微粒子(ピーエムニーテンゴ)をいっぱい含んだ空気の違いが目で見て分かります!

    • 09:30~16:00
    • ナノ粒子健康影響実験棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 体験

23. 動物棟トリックアート

環境の汚染が私たちの健康への影響に対してどのようにつながってゆくか、トリックアートの世界を通じて簡単にご紹介します。

  • 各回30名程度。所要時間約10分。先着順。
    参加者に記念撮影チェキを手渡しプレゼント。

    • 10:30~11:00
    • 11:30~12:00
    • 13:00~13:30
    • 14:00~14:30
    • 15:00~15:30
    • 動物実験棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 展示

24. 環境化学物質と健康との関係

24. 環境化学物質と健康との関係

私たちの身の回りには血管や脳機能に影響を与える化学物質があります。ここでは動物を用いた研究の一部を紹介します。

    • 09:30~16:00
    • 動物実験棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 展示

25. エコチル調査ってどんな調査?

25. エコチル調査ってどんな調査?

エコチル調査に関する研究について、どんなことを調べているのか、実際の調査風景や集めた試料などについてパネルで紹介します。

  • 希望者全員にパンフレットを配布。

    • 09:30~16:00
    • 環境保健研究棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 体験

26. 空気中のガスを測ってみよう!

ガスセンサを使って、空気中のガスの濃度を測ってみませんか。

  • 午前(10:00~)は先着順。
    午後(14:00~)は環境保健研究棟1階のガスセンサコーナーにて12:00より整理券配布。
    各回10組(センサ装着はグループの代表1名)。
    測定を実施したグループの方のみ測定結果を配布。

    • 10:00~
    • 14:00~
    • 環境保健研究棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 体験

27. 自分の体組成を知ろう!

エコチル調査の詳細調査で子どもの体組成を測定している機械を使って、自分の体組成を測ってみませんか。

  • 整理券配布。
    各回約10組。
    未成年の場合は保護者同伴に限ります。
    ペースメーカーを付けている方は測定ができません。
    測定を実施した方のみ測定結果票を配布。

    • 10:00~
    • 11:30~
    • 13:30~
    • 15:00~
    • 環境保健研究棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 体験

28. コアセンターキャラクターの工作やぬり絵で遊ぼう!

エコチル調査コアセンターのキャラクターを使ったクラフトやぬり絵を用意してお待ちしています。

  • 遊びに来てくれた方、その他希望者にクラフトを配布。
    幼児も対象とします。

    • 09:30~16:00
    • 環境保健研究棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
  • クイズ

29. めざせ!水辺の生きもの博士

29. めざせ!水辺の生きもの博士

施設で飼育している河川・湖沼・海の生きものに関するパネル・水槽・顕微鏡モニターの展示を見ながら、クイズラリーに挑戦。スタンプラリーになっています。

  • 施設入口にてスタンプラリー台紙を配布します。
    参加者全員にオリジナルキャンディをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 水環境実験施設
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 体験

30. 親子で探そう、水辺の生きもの

30. 親子で探そう、水辺の生きもの

施設屋外水槽にて水生生物(ヤゴ等)を探し、捕まえます。

  • 各回定員10組(保護者同伴に限ります) 施設玄関前にて各開催時間10分前より先着順に受付、入場頂きます。代理での受付はご遠慮ください。
    ご家族等複数参加可能ですが、道具は一組分の貸与となります。
    参加者のうち希望者・参加者全員に、採取した生物・オリジナルクリアホルダーをプレゼント。

    • 10:00~
    • 11:30~
    • 13:30~
    • 15:00~
    • 水環境実験施設
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 体験

31. おさかなすくい ~大きくなったらなんになる?~

31. おさかなすくい ~大きくなったらなんになる?~

設置型水槽にて、淡水魚の稚魚をポイですくいます。

  • 施設南側テント内にて20名程度/1回、先着順に行います。魚がなくなり次第終了となります。
    参加者のうち希望者に採取した魚をプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 水環境実験施設
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 体験

32. 水のぶんせき体験

32. 水のぶんせき体験

水の分析体験を通じて、水には様々な化学的組成があることを理解し、水の中に何が溶けているか推理してもらいます。

  • 40分に1回程度開催、各回15名程度(整理券配布)。
    クイズ参加者に水ヨーヨーをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 体験

33. エアー博士になろう

33. エアー博士になろう

エアーについてエアー勉強してエアー博士になろう!

  • 注意事項 : 説明者の誘導に従って下さい。
    参加者に飴をプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 体験

34. 安全機能が付いた未来の乗り物(G5)を体験しよう

34. 安全機能が付いた未来の乗り物(G5)を体験しよう

低炭素、超高齢、安心安全な社会対応を目指して開発中の電動乗り物に試乗できます。今年は速度制御機能が付きました。
試乗後には受容性や欲しい機能等を答えるアンケートに協力していただきます。

  • 注意事項 : 説明者の言うことに従って下さい。
    試乗者に飲料(熱中症対策)をプレゼント。
    ※雨天中止(水たまりがある場合でも中止となる可能性があります)

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 展示

35. 生物多様性が大変!?

35. 生物多様性が大変!?

クワガタ、マルハナバチ、水生生物などの生体展示とともに、生物多様性の意味について解説します。また、生物多様性を脅かす外来生物や解説なども展示します。

  • 希望者にポストカードをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 展示

36. 外来生物対策の最前線

36. 外来生物対策の最前線

外来生物が持ちこまれることでなにが起こるのか?外来生物の問題を防ぐために出来ることはなにか?ヒアリやマングースなどの外来生物を例に紹介します。

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • クイズ

37. 外来生物検定にチャレンジ!

37. 外来生物検定にチャレンジ!

君たちのまわりにはどんな外来生物がくらしてる?クイズから学んで、君たちが外来生物の問題に対してできることを考えてみよう。

  • クイズ回答者にヒアリエコバッグをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 体験

38. 今日から君もヒアリ探偵!-簡単ヒアリDNA検出キット体験―

38. 今日から君もヒアリ探偵!-簡単ヒアリDNA検出キット体験― 

君はヒアリを見つけられるか??国立環境研究所が開発した「ヒアリDNA検出キット」を体験するコーナーです。

  • 各先着10名。研究本館Ⅰで整理券配布。
    9:30より研究本館Ⅰミーティングスペース入口付近にて申込。

    • 10:00~12:00
    • 13:30~15:30
    • 研究本館I
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 体験

39. 自分のDNAを見てみよう

39. 自分のDNAを見てみよう

綿棒でほおの内側をこすって細胞を集め、蛍光染色します。最後に各自の顕微鏡写真をパウチし、おみやげとしてお持ち帰りいただきます。
※昨年と異なる開催場所です。

  • 先着48名。
    研究本館Ⅰで整理券配布。
    実験参加者に顕微鏡写真をプレゼント。
    9:30より研究本館Ⅰミーティングスペース入口付近にて申込。

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
    • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 展示

40. 植物 ―地球を守る静かなガンバリ屋さん

40. 植物 ―地球を守る静かなガンバリ屋さん

昨年に引き続き公開となるバイオトロン(12. 生物環境調節実験施設)!1階エントランスでは新調したパネルの展示、2階では実験材料として使っているシロイヌナズナやマングローブ植物などの展示と研究紹介をします。海を漂うマンローブ種子のプチ体験も引き続き。

  • 先着50名程度にマングローブ下敷きと環境儀(67号)をプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 生物環境調節実験施設
    • 13.気候変動に具体的な対策を
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 展示

41. 藻類ってどんな生き物?!

41. 藻類ってどんな生き物?!

藻類とはどのような生き物なのかを紹介するコーナーです。人の役に立つ藻類、環境問題を引き起こす藻類、絶滅危惧藻類についての展示を行います。

    • 09:30~16:00
    • 環境生物保存棟
    • 14.海の豊かさを守ろう
  • 体験

42. 海藻おしば教室

42. 海藻おしば教室

海藻を使ったアートを体験していただきます。オリジナルの海藻おしばハガキの作成をします。

  • 予約制。各回定員20名(①20名事前ネット予約、②~④うち15名は事前ネット予約)。
    自分で作成した海藻おしばハガキをプレゼント (後日郵送)。
    整理券配布。

    • ①9:45~10:45
    • ②11:15~12:15
    • ③13:00~14:00
    • ④14:30~15:30
    • 環境生物保存棟
    • 14.海の豊かさを守ろう
  • 体験

43. 電子顕微鏡で藻類をみてみよう

43. 電子顕微鏡で藻類をみてみよう

走査型電子顕微鏡を自分で操作して微小な藻類を観察します。

  • 予約制。整理券配布。
    全9回で各回定員10名(うち5名は事前のネット予約による)。
    10:00開始、各回30分間(12:00~13:00休止)最終15:00~。

    • 10:00~10:30
    • 10:30~11:00
    • 11:00~11:30
    • 11:30~12:00
    • 13:00~13:30
    • 13:30~14:00
    • 14:00~14:30
    • 14:30~15:00
    • 15:00~15:30
    • 環境生物保存棟
    • 14.海の豊かさを守ろう
  • 体験

44. 藻類もようの六角がえしをつくろう

六角がえしと呼ばれる紙のおもちゃを工作します。

  • 先着1000名。
    工作を完成させた人に対して藻類缶バッジをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 環境生物保存棟
  • 体験

45. 生きもの観察に出かけよう!

45. 生きもの観察に出かけよう!

研究者と一緒に生きもの観察に出かけませんか?国立環境研究所は生きものと共存できるような緑地づくりをすすめています。整然と作られた公園の芝生や花壇とはひと味もふた味もちがう、意外と豊かな研究所の自然をお楽しみください。
※熱中症予防のため、帽子・飲み物を必ずお持ちください。虫網は貸出します。

  • 各回定員20名程。
    申込 : 9:30より研究本館Ⅰ 1階ミーティングスペース入口付近(屋外)で整理券配布。
    集合 : 開催5分前に総合受付付近集合。
    参加者にオリジナルクリアファイル、環境報告書、構内の自然紹介パンフレット (構内の自然探索)をプレゼント。

    • 10:00~10:30
    • 10:30~11:00
    • 研究本館I
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 体験

46. エコな行動を考えよう!~SDGsアクションツリー~

46. エコな行動を考えよう!~SDGsアクションツリー~

あなたが普段取り組んでいるエコな活動はなんですか?これから社会のみんなでやってみようと思う取り組みはなんですか?みんなが考えるひとりひとりのエコアクションを集めて、環境を守る豊かな森を一緒に作りましょう!

  • 先着600名。
    参加者全員に鉛筆を一人1本配布。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 13.気候変動に具体的な対策を
    • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • 体験

47. SDGsカード釣りゲーム!

SDGs(えすでぃーじーず)って聞いたことありますか?環境問題や、社会で起こっているいろんな問題にみんなで取り組んでいくための目標のことです。ゲームを通して、SDGsについて知り、どうやったらいろんな問題を解決できるか考えてみましょう!

  • SDGsのゴールが書かれたコースターをプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 1.貧困をなくそう
    • 2.飢饉をゼロに
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 4.質の高い教育をみんなに
    • 5.ジェンダー平等を実現しよう
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 8.働きがいも経済成長も
    • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 10.人や国の不平等をなくそう
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 12.つくる責任 つかう責任
    • 13.気候変動に具体的な対策を
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
    • 16.平和と公正をすべての人に
    • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • 体験

48. ドクターSDGsになろう!かんきょうクイズ大会!

今、日本や世界がいろんな環境問題に頭を悩ませています。どんなことが問題になっているのでしょうか?どうしたら解決できるのでしょうか?みんなでクイズに挑戦しながら考えてみましょう!クイズに正解したら君もドクターSDGs?!全問正解者には記念品とドクターの証をプレゼント!

  • 1回の所要時間は20分ほど。空き時間には動画を流します。
    全問正解者には、しおり、修了証を一人1個プレゼント。

    • 10:30~11:00
    • 11:30~12:00
    • 12:30~13:00
    • 13:30~14:00
    • 14:30~15:00
    • 大山記念ホール
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 展示

49. 温度とくらしのふしぎな関係~身近な熱の世界~

赤いTシャツと緑のTシャツ、着ているとどちらが熱くなるでしょう?赤外線サーモカメラを使って身の回りの熱環境とくらしの関係を学びます。赤外線を使うと見えないものを見ることができるんです!

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 体験

50. 絵巻物を作ろう! 気候変動「適応」絵巻工房

50. 絵巻物を作ろう! 気候変動「適応」絵巻工房

気候変動への「適応」をテーマにした国環研オリジナルのミニ絵巻(えまき)。簡単な工作で君だけの絵巻を作れるよ!絵巻はお持ち帰りいただけます。お家の方へのプレゼントにも最適!出来上がった絵巻と記念写真を撮影できるコーナーもあります。(大人の方も参加できます)

  • 先着300名様。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 13.気候変動に具体的な対策を
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 展示

51. いまなぜ気候変動「適応」なの?

51. いまなぜ気候変動「適応」なの?

気候変動によって生じる食や健康、暮らしにおける様々な被害や災害。それらに備えるための対策「適応策」がこれからの時代、とても重要です。全国各地での取組みや身の回りの適応策を見ながら、気候変動への適応について一緒に考えてみましょう。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 13.気候変動に具体的な対策を
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 体験

52. 薬さじを使って星の砂5.00gを量ってみよう!

実験で使用する薬さじ、電子天秤を使って星の砂5gを量ってみよう。5.00gに近いと記念品をプレゼント!

  • 定数600名。
    参加者に星の砂をプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 研究本館III
    • 4.質の高い教育をみんなに
  • 施設公開

53. 高磁場MRIで脳を測る

53. 高磁場MRIで脳を測る

4.7T MRI(磁気共鳴撮像装置)を用いた研究を紹介します。私たちが撮ったヒト脳、ラット脳の3次元画像や、脳模型の照会や、デモ用に撮った果物や野菜の画像を展示やコンピュータ上で紹介したり、試料を使ったイメージング測定を実際にお見せします。

    • 09:30~12:00
    • 13:00~16:00
    • 環境リスク研究棟
    • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 体験

54. 液体窒素にチャレンジ!

54. 液体窒素にチャレンジ!

環境試料の凍結保存に使っている液体窒素で、やわらかいマシュマロをこおらせてみよう。

    • 09:30~16:00
    • 環境試料タイムカプセル棟
  • 展示

55. タイムカプセルの秘密をさぐろう

55. タイムカプセルの秘密をさぐろう

いろんなところを探してみよう。タイムカプセルが何だかわかるよ。カプセルタンクをのぞいてみると、さらなる秘密がわかるかも。

    • 09:30~16:00
    • 環境試料タイムカプセル棟
    • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 展示

56. 福島×プロジェクションマッピング

56. 福島×プロジェクションマッピング

福島県のさまざまな情報を立体地図にプロジェクションマッピングで映し出します。

  • 希望者に福島支部パンフレットを配布。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 体験

57. 水生生物もぐもぐスタンプ

スタンプを押して、水の中の生き物のつながりを学ぼう。

  • 体験者にスタンプ台紙をプレゼント。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
  • 研究者と話そう

58. 環境サイエンスカフェ「プラスチック 何が問題?」

58. 環境サイエンスカフェ「プラスチック 何が問題?」

海洋汚染などにより社会的に注目を集めるプラスチックごみ。私たちの暮らしにも大きく関わるこの問題を、研究者と一緒に考えます。そもそも、何が問題なの?解決するためには、どうすればいいの?個人でできることから、社会を動かすことまで。様々な意見を聞き合います。

  • 参加者のみ、飲み物・お菓子を提供。

    • 10:30~11:30
    • 地球温暖化研究棟
    • 12.つくる責任 つかう責任
    • 14.海の豊かさを守ろう
  • 展示

59. 地球の未来を共に考える「フューチャー・アース」プロジェクト

気候変動や人間の産業活動によって地球上で起きている急激な変化と、それによって起きている生活への影響、これから起こるかもしれない影響について、世界の科学者が企業や市民グループと協力しながら分析しています。
国立環境研究所の研究者も関わっています。どんな結果が得られているか、見てみましょう。

  • 希望者に日本語パンフレット(1種類)を配布。

    • 09:30~16:00
    • 地球温暖化研究棟
    • 1.貧困をなくそう
    • 2.飢饉をゼロに
    • 3.すべての人に健康と福祉を
    • 4.質の高い教育をみんなに
    • 5.ジェンダー平等を実現しよう
    • 6.安全な水とトイレを世界中に
    • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 8.働きがいも経済成長も
    • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 10.人や国の不平等をなくそう
    • 11.住み続けられるまちづくりを
    • 12.つくる責任 つかう責任
    • 13.気候変動に具体的な対策を
    • 14.海の豊かさを守ろう
    • 15.緑の豊かさも守ろう
    • 16.平和と公正をすべての人に
    • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • クイズ

60. エコネさんのこどもかんきょうクイズ

60. エコネさんのこどもかんきょうクイズ

オリジナルキャラクターを使った子ども向けのクイズ。クイズに答えて、エコネさんというキャラクターと一緒に環境問題の知識を深めるものです。

  • クイズ参加者にプレゼントあり

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • 展示

61. 刊行物配布

61. 刊行物配布

国立環境研究所の活動状況や、研究成果等をとりまとめた刊行物の展示・配布を行います。

  • 希望者に指定刊行物等の配布。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • 展示

62. 環境GISの展示

62. 環境GISの展示

「環境GIS(ホームページ:環境展望台内)」では、国内における環境の状況やPM2.5、黄砂等の予測情報をご覧いただけます。

  • 希望者に環境展望台パンフレットの配布。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • 展示

63. 回顧展

63. 回顧展

国立環境研究所の歴史に関係する貴重な資料や懐かしい回顧映像を展示します。

    • 09:30~16:00
    • 大山記念ホール
    • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • 体験

64. 英語ツアー

64. 英語ツアー|English Guided Tour

夏の大公開の見所を国立環境研究所のガイドが英語で案内します。
Complete reception at the Tour Reception. Join us to visit two venues each and learn hands-on (Tour A) or explore what you can do to be eco-friendly (Tour B).

  • 各ツアー先着15名。
    ツアー受付にて名簿に記入後、整理券を配布。
    TourAは小学生以下、TourBは高校生以上が対象。

    • (TourA)
    • 10:30~11:10
    • (TourB)
    • 14:00~14:40
    • 研究本館I
    • 4.質の高い教育をみんなに
  • その他

65. 所内ぐるぐるバス

65. 所内ぐるぐるバス

ひろ~い環境研の中を「所内ぐるぐるバス」が走ります(約10分に1本)。ガイドが同乗し、ご案内をいたします。

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
  • その他

66. NIESスタンプラリー

66. NIESスタンプラリー

広い所内を巡っていろんな種類のスタンプを集めよう。
スタンプを4つ集めたらオリジナルクリアファイルがもらえるよ。
オリジナルクリアファイルは先着順、一人一つまで。

  • 先着順
    スタンプを4つ以上集めた人にオリジナルクリアファイルをプレゼント。(4つ以上どれだけ集めても一人1つまで)

    • 09:30~16:00
    • 研究本館I
  • 展示

67. 人工衛星から温室効果ガスを観測する:GOSATとGOSAT-2

我が国が運用中の温室効果ガス観測技術衛星GOSAT(いぶき、2009年打上げ)とGOSAT-2(いぶき2号、2018年打上げ)の概要や観測成果などをポスターや動画で紹介します。

  • クイズ正解者には缶バッチを差し上げます。

    • 09:30~16:00
    • 地球温暖化研究棟
    • 13.気候変動に具体的な対策を