プログラム別ご案内

2017イベント講演会.jpg
2017イベント施設公開.jpg
2017イベント展示.jpg
2017イベント体験.jpg
2017イベントクイズ.jpg
2017イベントその他.jpg

地球温暖化研究棟

地球環境モニタリング(空から測る)1_4.jpg

地球温暖化という現象をとらえるためには、大気中の温室効果ガスを正確に又頻繁に観測しなければなりません。民間航空機を利用した上空からの温室効果ガスの観測をご紹介します。このプロジェクトは昨年の伊勢志摩サミットでも紹介されました。


対象:全年齢

地球環境モニタリング(海で測る)2015-07-18 _13_13_14_1686U2.jpg

地球温暖化の原因となる二酸化炭素は大気だけでなく海洋にも多く存在するため、海洋でのCO2観測も重要です。民間船舶を利用した大気と海洋表層の観測をご紹介します。

対象:全年齢


地球環境モニタリング(宇宙から測る)1_6.jpg

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による温室効果ガスの観測についてご紹介します。地球型ディスプレイやタッチパネル、タブレットを操作して、観測結果を見てみましょう!

13:45〜15:00以外の時間

対象:全年齢

地球温暖化やオゾン層の破壊をA-8a.jpg
スーパーコンピュタで計算する

将来、温室効果ガスが増加した場合にどのような気候変動が起こるのか、オゾン層破壊はどうなるのか、スーパーコンピュータを使った将来予測結果や、現在起きている異常気象と地球温暖化の関係について、クイズをつかって楽しく解説します。

対象:全年齢

二酸化炭素濃度を測る機器を1_9.jpg
みてみよう!

富士山麓で二酸化炭素を測っている測定器を展示。どんなふうに濃度測定が行われているか実演・ご説明します!

対象:全年齢


研究本館 III

化学物質とDNAの関係を学ぼう


化学物質とDNAに関するポスターやDNAの模型の展示を行います。

対象:小中学生

大山記念ホール(中会議室)

5分でわかる!地球温暖化5_2.jpg
場所:大山記念ホール

どうやって地球温暖化が起きるの?どんな影響が起きるの?世界的にどのような取り組みが進んでいるの?パパッと5分で簡単に解ります。パズルが解けたら、あなたはもう地球温暖化博士!?

対象:全年齢

エネルギー消費を「見える化」してJ-7.jpg
省エネの効果を確かめよう!
場所:大山記念ホール

インドネシア・ボゴール市や所内で実施している、住宅・オフィス等における電力消費モニタリング研究について、解説と端末を利用したデモンストレーションを行います。エネルギー消費の無駄やその改善余地を知ることができます。今回は、実物の家電の電力消費量を測ってみながら、よく見聞きする家庭でできる省エネの技が、本当に効果があるのか、確認してみましょう!

対象:高校生以上

地球温暖化の影響に「適応」するってどんなこと?
場所:大山記念ホール

地球温暖化の影響に、自然や社会を変えていくことが適応策です。私たちにできる適応策にはどんなものがあるでしょうか。

対象:全年齢

鳥の声を聞いてみよう!録音音声で調べる原発事故被災地の鳥の今
場所:大山記念ホール

福島県の震災による「身近な鳥」の数の変化を調べるための音声モニタリングについて紹介します。鳥の消しゴムハンコを押してシールを作るコーナーもあります。

対象:全年齢

刊行物配布5_9.jpg
場所:大山記念ホール

国立環境研究所の活動状況や、研究成果等をとりまとめた刊行物の展示・配布を行います。

対象:高校生以上





環境GISの展示
場所:大山記念ホール

「環境GIS(ホームページ:環境展望台内)」では、国内における環境の状況やPM2.5、黄砂等の予測情報をご覧いただけます。

対象:高校生以上

回顧展5_11.jpg
場所:大山記念ホール

国立環境研究所の歴史に関係する貴重な資料や懐かしい回顧映像を展示します。

対象:高校生以上




研究本館 I

生物センタースライドショー

生物センターってなにを研究しているの?研究所内に暮らす生きものの写真をまじえながら、写真でご紹介します。

対象:全年齢

森里川海研究

生物センターはさまざまな研究に取り組んでいます。ここでは森里川海をテーマにした研究だけをとりあげてご紹介します。

対象:全年齢

循環・廃棄物研究棟

都市に隠れた資源を探そう

家庭に眠っている「都市鉱⼭」を紹介します。エコロジカル・リュックサック(資源採掘のためにどれくらいの⼟砂等を掘る必要があるか)の重さを体感できる展⽰も⾏います。当日は、つくば市と連携して東京2020組織委員会主催の「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」のイベント回収を実施します。使用済みの小型家電がありましたら回収にご協力下さい。また、ミニ講座(講師:稲田 拓朗氏(環境省 リサイクル推進室))を予定しています。(開催時間:11:00、14:30(各20分程度))

回収できるのは
携帯電話、デジタルカメラ、ビデオカメラ、ポータブル音楽プレーヤー、ACアダプター、電卓、電子手帳、携帯ゲーム機器 、ICレコーダー、カーナビの10品目です。それ以外は回収出来ません。

対象:全年齢

排水の処理と資源の循環

微生物を利用した、生活排水や有機性廃棄物などの処理・循環利用技術に関する展示と説明を行います。浄化槽のミニチュアモデルや、汚泥から作られたコンポスト、回収リンなどの展示を行います。

対象:全年齢

動物実験棟

細胞とミトコンドリアを見てみよう

10:00〜15:00まで

私たちや動物の体は細胞からできています。ミトコンドリアはエネルギーをつくる細胞内の器官です。生きた細胞のミトコンドリアを顕微鏡で観察します。

対象:全年齢

環境試料タイムカプセル棟

タイムカプセルの秘密をさぐろう10_2.jpg


いろんなところを探してみよう。タイムカプセルが何だかわかるよ。カプセルタンクをのぞいてみると、さらなる秘密がわかるかも。

対象:全年齢



水環境実験施設

水辺の生きものたち11_1.jpg

施設で飼育している河川・湖沼・海の生きものをパネルと水槽で展示します。

対象:全年齢





環境生物保存棟

藻類ってどんな生き物?!I-1b.jpg

藻類とはどのような生き物なのかを紹介するコーナーです。人の役に立つ藻類、環境問題を引き起こす藻類、絶滅危惧藻類についての展示を行います。

対象:全年齢




RI・遺伝子工学実験棟

生物多様性って、なに!?13_1.jpg
〜愛知目標の達成に向けて〜

クワガタ、ミツバチ、水生生物などの生体展示とともに、生物多様性の意味について解説します。また、生物多様性を脅かす外来生物や解説なども展示します。

対象:全年齢


タマゴの中を覗いてみよう

ウズラ受精卵の培養技術を紹介し、脊椎動物の胚発生過程の観察を通して、生物の形づくりのはじまりを解説します。

対象:小中学生

植物の環境応答

研究材料に使用している植物として、シロイヌナズナとマングローブ植物を展示し、ポスターを用いて解説します。

対象:全年齢

環境リスク研究棟

環境リスク・健康研究センターの紹介14_1.jpg

環境リスク・健康研究センターで行われている研究を、ポスター展示にて紹介します。

対象:高校生以上





東京湾と福島県潮間帯及び沿岸における14_4.jpg
研究紹介

日本には豊かな自然が広がり、多くの生きものが暮らしてきました。しかし、沿岸開発や災害などにより、その姿は変化してきました。ここでは、首都圏を後背地に持つ東京湾と震災・原発事故の発生後、現在まで福島県で私たちが行ってきた調査結果をパネルで展示します。昨年までの結果とどう違うのか、などをご覧ください。普段、あまり目にすることがないかもしれない海の環境と生き物たちの“今”をご紹介します。

対象:高校生以上