地球温暖化研究棟

上のタブをクリックしてください

地球温暖化研究プログラム紹介

地球温暖化に関する様々な問題の解決を目指し、研究に取り組んでいます。
ここではその成果の一部をわかりやすくパネルでご紹介します。

対象:高校生以上

地球環境モニタリング(空から測る)

地球温暖化という現象をとらえるためには、
大気中の温室効果ガスを正確に又頻繁に観測しなければなりません。
民間航空機を利用した上空からの温室効果ガスの観測についてご紹介します。
このプロジェクトは昨年の日韓国際賞を受賞しました。

対象:全年齢

地球環境モニタリング(海で測る)

船舶を利用した海の温室効果ガスの観測について
大型タッチパネルを用いたアニメとCGでビジュアルにご紹介します。

対象:全年齢

地球環境モニタリング(宇宙から測る)

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による温室効果ガスの観測についてご紹介します。
球面ディスプレイやタッチパネル、タブレットを操作して、観測結果を見てみましょう!

対象:全年齢

温暖化影響モニタリング(高山生態系への影響・サンゴが知らせる海の温暖化)

地球温暖化の環境に対する影響を正確に把握するため、
2009年の秋から高山生態系のモニタリング、2011年からをサンゴなどの海洋生物のモニタリングを行っています。
当日は、定点カメラで撮影した高解像度の高山の画像を準リアルタイムでご覧になれます。

対象:全年齢

温暖化影響モニタリング(植物や土壌によるCO2の吸収・排出)

植物によるCO2の吸収、土壌によるCO2の排出の実態を測定・観察してみよう。
いろんな環境のCO2濃度もわかるかも!

対象:全年齢

地球温暖化とオゾン層破壊の解説

将来、温室効果ガスが増加した場合にどのような気候変動が起こるのか、
オゾン層破壊はどうなるのか、スーパーコンピュータを使った将来予測結果や、
現在起きている異常気象と地球温暖化の関係について、
クイズやレゴブロックをつかって楽しく解説します。

対象:全年齢

研究本館 III

上のタブをクリックしてください

加速器(AMS)分析で何がわかる〜宇宙線生成核種の高精度分析

AMSのしくみとその研究例(考古学(マンモスの年代測定)、
気候変動・温暖化研究、PM2.5)についてパネル紹介します。
3万年前のマンモスの肉片の展示や大気微粒子の応用研究について紹介します。

対象:全年齢

放射性炭素から見る気候変動と炭素循環研究北極での研究紹介

温暖化の影響が広く騒がれている北極研究の最前線について紹介します。
今、北極の海や永久凍土に何が起こっているのか、
現在行っている北極海やアラスカでの研究について映像とパネルを使って紹介します。

対象:全年齢

加速器で過去の地球へタイムスリップ!?古環境研究の最前線

過去の地球がどんな環境だったか知ることは、今の地球が将来どんな環境になるか予測する鍵となります。
たとえば、海底の泥の中から見つかる動物プランクトン(有孔虫)の死骸の放射性炭素の分析からは、
昔の海流の動きがわかります。世界各地の海底から見つかった有孔虫化石の展示を行います。

対象:全年齢

大山記念ホール

上のタブをクリックしてください

刊行物配付・展示

研究所の刊行物の展示・配付を行います。
また、「環境GIS」と国環研の歴史に関係する貴重な資料や
懐かしい回顧映像を展示します。
「環境GIS(ホームページ:環境展望台内)」では、
国内における環境の状況やPM2.5、黄砂等の予測情報をご覧いただけます。

対象:高校生以上

研究本館 I

上のタブをクリックしてください

国立環境研究所の災害環境研究への取組み


国立環境研究所で行っている災害環境研究への取組みに関するポスターを展示します。
このポスターは、3/9に福島県郡山市で開催した国立環境研究所「災害環境研究」報告交流会でも展示されました。

対象:高校生以上

湖をのぞいてみよう

霞ヶ浦や摩周湖に関する解説パネル、
水・底質サンプルや生き物を展示して,
湖沼や沿岸域で実際にどんな調査が行われているかをわかりやすく解説します。

対象:全年齢

生きもの博士の七つ道具

生きものを研究する博士たちが調査・実験の時に使う道具を紹介します。

対象:全年齢

一斉開花に迫る

一年中温暖で多湿な熱帯の森では、花が咲く明瞭な季節がなく、
ある時突然、多種多様な種類の植物が次々と花をつけます。
この現象は、「一斉開花」と呼ばれ、季節の差が明瞭でない東南アジアの低地熱帯林だけに見られます。
今回は、一斉開花現象に関するこれまでの研究について、迫力ある写真と共に紹介します。

対象:全年齢

ボルネオの高木フタバガキの多様な果実のかたち

東南アジアを代表する高木・フタバガキの果実には翼があり、風によって果実が運ばれます。
形や大きさは属や種によって様々です。
フタバガキは不定期に開花するためいつでも果実が取れる訳ではありませんが、
丁度昨年7月に開花が起こり、今年頭に果実を採集することができました。
ぜひ、様々な形の果実を見に来てください。

対象:全年齢

初公開!サンゴ礁無人調査船「せんかい」

サンゴ礁や藻場などが分布する浅海域を調査するため、
水中カメラ付調査船と、
撮影した画像を立体的に再現できる世界的にも珍しいシステムを開発しました。
今回初公開です。

対象:全年齢

生物環境調節実験施設

上のタブをクリックしてください

大気汚染ガスのオゾンとその植物影響

オゾンの植物影響についてポスターで解説します。
また、オゾンにさらされた植物を展示します。

対象:全年齢

マングローブ植物と生態系

マングローブ植物についてポスターで説明します。
また、マングローブ植物を展示します。

対象:全年齢

木性シダが空気中に放出する有機化合物の働き

h8生物環境調節.jpg



木性シダなどが放出する揮発性有機化合物とその大気中での役割についてポスターで説明します。
また、木性シダを展示します。

対象:全年齢





バイオトロンで実施された研究

バイオトロンで実施された研究をポスターなどで説明します。

対象:高校生以上

水環境実験施設

上のタブをクリックしてください

水辺の生きものたち

施設で飼育している河川・湖沼・海の生きものをパネルと水槽で展示します。

対象:全年齢

環境生物保存棟

上のタブをクリックしてください

藻類ってどんな生き物?!

藻類ってどんな生き物なのかを紹介するコーナーです。
人の役に立つ藻類や環境問題を引き起こす藻類についても展示紹介します。

対象:小中学生

守れ消えゆく藻類!

自然界で絶滅の危機に瀕している大型の藻類について紹介します。
実物も展示されています。

対象:小中学生

RI・遺伝子工学実験棟

上のタブをクリックしてください

生物多様性って、なに!? 外来生物って、なに!?

h12RI・遺伝子.jpg


生物多様性の意味、生物多様性を脅かす外来生物とその管理、
農薬の生態系への影響評価研究について解説します。

対象:全年齢


ユスリカ、水質の虫、生態系の虫

DNA塩基配列からユスリカの種類を決めて、
生物多様性のゆたかさや生態系の健全さを調べる手法を開発しています。
その研究の様子をポスター・顕微鏡標本・生体・ビデオなどで紹介します。

対象:全年齢

環境をきれいにする小さな生き物(微生物)

微生物を利用した環境浄化に関する研究をポスターで紹介します。

対象:全年齢

生物を用いて有害な化学物質を検出する

生物を用いて環境中の有害物質を検出するバイオモニタリングの研究を紹介します。
(ゼブラフィッシュの胚発生の観察や発生過程の展示)

対象:全年齢

環境リスク研究棟

上のタブをクリックしてください

東京湾の魚介類と環境~魚介類の水槽と標本の展示~

首都圏を後背地に持つ東京湾は、高度経済成長期などにその環境を大きく改変させられました。
環境の変化に伴い、生息する魚介類も変化しました。
そんな東京湾で今も暮らしている魚介類を水槽で、また標本で展示します。
最近の東京湾の環境と魚介類に関する調査結果もご紹介します。
東京湾を魚介類が生息しやすい場、生命を育む豊かな場とするために何が必要か、一緒に考えてみませんか。

対象:全年齢

今、どうなってるの?~環境ホルモン、貧酸素水塊、原発事故・放射能~

有機スズ化合物による巻貝のインポセックス、
底層溶存酸素量に関する新しい環境基準、
原発事故後の福島県の水辺の生きものに関する最新の調査・研究結果や情報をお知らせします。

対象:高校生以上

環境リスク研究センターの紹介

環境リスク研究センターで行われている研究を、ポスター展示にて紹介します。

対象:高校生以上