ht_1地球クレヨンb.pnght_2低公害クレヨンb.pnght_3本館IIIクレヨンb.pnght_4大山クレヨンb.png
ht_5食堂クレヨンb.pnght_6循環クレヨンb.pnght_7ナノクレヨンb.pnght_8生物環境クレヨンb.pnght_9タイムクレヨンb.png
ht_10水環境クレヨンb.pnght_11RIクレヨンb.pnght_12リスククレヨンb.pnght_13生態系クレヨンb.pnght_20配置図2.png

h_リスクp.jpgh_リスク外観.jpg
海の生き物と環境
 ~人間が環境を汚しても生き物はそこで生きていくほか
 ありません。小さな命に目を向けてください~
あなたのまわりの環境リスク
 ~見て、聞いて、作って、触れて、考えよう
高磁場MRIで脳を覗いてみよう

施設公開

上のタブをクリックしてください

● 高磁場MRIで脳を覗いてみよう

h_12MRIクレヨン.png

4.7T MRI(磁気共鳴撮像装置)を用いた研究を紹介します。
私たちが撮ったヒト脳の3次元画像や、
デモ用に撮った果物や野菜の画像をコンピュータ上で紹介したり、
試料を使ったイメージング測定を実際にお見せします。

対象:高校生以上

展 示

上のタブをクリックしてください

● 東京湾のサカナたち~水槽と標本と東京湾の環境を展示~

人間活動によって“痛めつけられてきた”東京湾で今も暮らしている魚介類を水槽で、または標本で展示します。
今ではもう姿を見ることができなくなった種類についても何らかの展示を行う予定です。
また、最近の東京湾の環境に関する調査結果もご紹介します。

対象:全年齢

● 原発事故後の海と生き物

東日本大震災に付随して起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故。
大量の放射能が漏れ出し、環境を汚染しました。福島県では多くの方々が避難を余儀なくされ、今も故郷に帰れないでいます。
生き物も放射能に曝されました。私たちが行っている、原発事故による汚染と生き物への影響調査を、
最新結果とともにご紹介します。
対象:高校生以上

環境リスク研究センターの紹介

環境リスク研究センターで行われている研究を、ポスター展示にて紹介します。

対象:高校生以上

体験型イベント

上のタブをクリックしてください

● サメやタコのタッチプール

h_12リスククレヨン.pngh_サメプール.jpg


ドチザメやネコザメに触って“さめ肌”を実体験。
タコや磯の生き物にも触れて、海の生き物が多種多様で不思議な特徴を持っていることを知ってください。

対象:全年齢

サメの歯で携帯ストラップを作ろう!

サメの歯を材料に携帯ストラップを作ります。
一昨年、昨年とご好評いただきながら、参加人数に制限があったため、多くの方のご期待に添えませんでした。
今年は、参加人数をグンと増やしました。
今年こそ、出来上がったストラップをお持ち帰りください。

開始時間:10:00〜11:00〜12:00〜13:00〜14:00〜15:00〜 計6回実施
参加人数は各回30名。
午前3回と午後3回の整理券をそれぞれ9時45分と12時30分から先着順で配布。
なお、小学校就学前のお子さんが参加される場合、必ず、保護者の方と一緒に参加なさってください。

対象:全年齢

みんなで採水器を作ってみよう

h_採水器.jpg
海では暑い季節に表層と海底の間で水の性質が変わる『成層』という状態になります。
水槽で成層を作り出し、上側と下側の水にそれぞれ別の色を着けてみよう。
そして、水槽の上側の水はとらずに、底の水だけ汲むことのできる採水器を作り、
実際に採水してみよう。




開始時間:10:10〜13:10〜14:40〜
各回定員18名程度、約1時間。
先着順。希望者多数の場合は、次の回の優先券を先着順に配布します。
独力で工作できる年齢の方が対象。必要に応じて保護者のお手伝いをお願いします。
自作した採水器は、参加者に配布します。

対象:小学生以上

クイズ

上のタブをクリックしてください

● 環境中から化学物質を見つけよう!

化学物質は環境中のどこに存在しているのかな?ヒントを頼りに環境中から化学物質を見つけてみよう。

対象:全年齢