ht_1地球クレヨンb.pnght_2低公害クレヨンb.pnght_3本館IIIクレヨンb.pnght_4大山クレヨンb.png
ht_5食堂クレヨンb.pnght_6循環クレヨンb.pnght_7ナノクレヨンb.pnght_8生物環境クレヨンb.pnght_9タイムクレヨンb.png
ht_10水環境クレヨンb.pnght_11RIクレヨンb.pnght_12リスククレヨンb.pnght_13生態系クレヨンb.pnght_20配置図2.png

h_RIp.jpgh_RI・遺伝子外観.jpg
遺伝子研究から探る環境問題
  生物多様性をDNAから考える

展 示

上のタブをクリックしてください

● あなたも今日からバイオ博士

遺伝子や微生物についてクイズ形式で解説します。
また、根圏微生物を利用した環境浄化に関する研究をポスターで紹介します。

対象:全年齢

● ユスリカ、ふつうの虫、ただの虫

DNA塩基配列からユスリカの種類を決めて、生物多様性のゆたかさや生態系の健全さを調べる手法を開発しています。
その研究の様子をポスター・顕微鏡標本・生体・ビデオなどで紹介します。

対象:全年齢

● 生物多様性って、なに!? 外来生物って、なに!?

クワガタ、カエル、マルハナバチ、ダニなどの生体展示とともに、生物多様性の意味とDNAを用いた研究について解説。
生物多様性を脅かす外来生物とその管理についても解説します。

対象:全年齢

● 遺伝子導入動物で有害な化学物質を検出する。

遺伝子導入動物で環境中の有害物質を検出するバイオモニタリングの研究を紹介します。
(ゼブラフィッシュの胚発生の観察や発生過程の展示)

対象:全年齢

体験型イベント

上のタブをクリックしてください

● 自分のDNAを見てみよう

h_11RIクレヨン.pngh_DNAを見てみよう.jpg


綿棒でほおの内側をこすって細胞を集め、蛍光染色します。
最後に各自の顕微鏡写真をパウチし、おみやげとしてお持ち帰りいただきます。




開催時間:10:10~10:40、10:50~11:20、11:30~12:00、12:10~12:40、
     13:10~13:40、13:50~14:20、14:30~15:00、15:10~15:40
RI棟内の会場に、先着順、各回6名、8回開催。

対象:小中学生


昆虫の標本を作ってみよう!

クワガタムシ、カブトムシなどの昆虫で標本を作製します。
標本づくりを通じて、昆虫についての理解をより深めてください。

場所:RI・遺伝子工学実験棟 2F
開始時間:10:00~、14:00~
所要時間:各1時間。
定員:5名/回、先着順

対象:小学4年生以上