環境リスク研究棟 of NIES20120705

あなたのまわりの環境リスク ~見て、聞いて、作って、触れて、考えよう
海の生き物の不思議~いろんな生き物を育む海に想いを巡らしてください~
MRIで脳の中をのぞいてみよう

hリスク.jpg

y環境リスク.jpg

施設公開

上のタブをクリックしてください

高磁場MRIで脳を覗いてみよう

scMRI.png

4.7T MRI(磁気共鳴撮像装置)を用いた研究を紹介します。私たちが撮ったヒト脳の3次元画像や、デモ用に撮った果物や野菜の画像をコンピュータ上で紹介したり、試料を使ったイメージング測定を実際にお見せしたいと思います。

対象:小中学生

展 示

上のタブをクリックしてください

環境リスク研究センターの紹介

環境リスク研究センターで行われている研究を、ポスター展示にて紹介します。

対象:高校生以上

生命育む干潟~愛知県・六条潟とアサリの子供たち~

多くの生き物のゆりかごといわれる干潟。愛知県の六条潟という干潟では、アサリの稚貝(子供)が1 m四方に2万個(1cm四方に2個)も暮らしています。そんな六条潟とアサリの赤ちゃん、子供たちを写真とビデオでご覧下さい。また、アサリの子供たちの生育環境を守るための環境基準を巡る考え方や、それに則って試算した結果など、最新の研究成果も織り交ぜてご紹介します。

対象:全年齢

東京湾のサカナたち~水槽と標本の展示~

人間活動によって“痛めつけられてきた”東京湾で今も暮らしている魚介類を水槽で、または標本で展示します。今ではもう姿を見ることができなくなった種類についても何らかの展示を行う予定です。

対象:全年齢

研究紹介~私たち、こんなことをやってます~

東京湾における環境・魚介類調査や巻貝のインポセックス(環境ホルモンによる影響)に関する研究の最新の成果をご紹介します。また、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う放射能汚染等に関する調査研究についてもご紹介します。

対象:高校生以上

体験型イベント

上のタブをクリックしてください

採水器を作ってみよう

水槽の上側の液体はとらずに、底の液体だけ汲むことのできる採水器を作ろう。
海では暑い季節に表層と海底の水の性質が変わります。特に、東京湾など多くの人々が暮らす都市の近くの海では、海底の酸素不足が起こり、生きものが苦しんでいます。採水器作りを通して、海の環境リスクについて考えてみよう。

開始時間:10:00〜11:00〜12:00〜13:00〜14:00〜15:00〜
各回15名程度、40分。
希望者多数の場合は、時間帯別に整理券配布。

対象:全年齢

■ サメやタコのタッチプール

ドチザメやネコザメに触って“さめ肌”を実体験。タコや磯の生き物にも触れて、海の生き物が多種多様で不思議な特徴を持っていることを知って下さい。

対象:全年齢

サメの歯で携帯ストラップを作ろう!

シロワニ(サメの一種)の歯を材料に携帯ストラップを作ります。昨年ご好評いただきながら、多くの方のご期待に添えませんでした。今年、もう一度企画しました。出来上がったストラップは、どうぞお持ち帰りください。

開始時間:11:00〜13:00〜15:00〜
各回定員15名、30分。
希望者多数の場合、整理券配布の上で参加者を決定させていただきます。

対象:高校生以上

ぷかぷかフィッシュ!~小さなアクアリウム~

sc環境リスク.pngペットボトルで、不思議な、小さなアクアリウムを作ってみよう!

開始時間:10:00〜11:30〜14:00〜
各回定員15名、30分。
希望者多数の場合、整理券配布の上で参加者を決定させていただきます。

対象:小学生




魚の鳴き声、聞いてみる?

魚やエビの鳴き声、聞いたことがありますか?実は、彼らは鳴くんです。みんなの前で緊張して、うまく鳴けないこともあるかもしれませんが、耳を澄まして、聞いてみてください。

開始時間:10:30〜12:00〜14:30〜
各10分。

対象:小中学生

クイズ

上のタブをクリックしてください

環境中から化学物質を見つけよう!

化学物質は環境中のどこに存在しているのかな?ヒントを頼りに環境中から化学物質を見つけてみよう。

対象:全年齢