南極・オゾンホール博士の 南極から地球環境を探る〜南極越冬最新報告〜

講師
中島英彰・佐伯浩介(第48次越冬隊)
時間
11:00
場所
中会議室

南極・オゾンホール博士画像今年の春に南極からかえってきたばかりの 南極・オゾンホール博士が教えてくれる、南極と地球の今。
国立極地研究所のご協力により本物の南極の氷が会場に・・・・、また南極越冬隊御用達の羽毛服の実物も登場します(両方とも触ることができます)。さらに氷にとじ込められた「太古の気泡」が幾百年の時を超えて、パチパチとはじける音も聞けるかも?!
とてもかわいい南極の動物の写真紹介や景品付きクイズ大会も行います。

南極写真1南極写真2南極写真3南極写真4

国環研『環境報告書2008』をよむ

講師
横井三知貴
時間
13:00
場所
中会議室

環境問題をよく知るハカセの多い国立環境研究所。その研究所として、環境保全にどのように取り組んでいるのでしょうか。研究所スタッフがその専門知識も生かしながらとりまとめた「環境報告書2008」の内容を取り上げつつ、地球温暖化防止、循環型社会形成、環境リスク低減等の環境保全活動について皆様にご紹介し、意見交換させて頂きます。


ヤンバルクイナのナゾ

講師
NPO法人どうぶつたちの病院事務局長 長嶺隆
時間
15:00
場所
中会議室

交通事故でケガをしたヤンバルクイナを救護し、ヤンバルクイナ が安心して暮らせる郷と森つくりに力を尽す長嶺先生のお話です。ヤンバルクイナイラスト
長嶺先生プロフィール
長嶺隆
昭和38年 沖縄県具志川市生まれ
平成元年 日本大学農獣医学部獣医学専攻科(獣医学修士)卒
平成13年 沖縄にてながみねどうぶつクリニックを開院
平成14年 ヤンバルクイナたちを守る獣医師の会設立
平成15年 NPO法人どうぶつたちの病院 設立(理事、事務局長)
帝京科学大学・非常勤講師


森林による二酸化炭素の吸収量を測るには?

講師
三枝信子
時間
10:30/13:30
場所
地球温暖化研究棟 交流会議室

森林で二酸化炭素などの温室効果ガスを観測する方法、そこから明らかになった気候変化との関係、森林の二酸化炭素吸収能力などについて解説します。


温暖化が日本に及ぼす影響とは?

講師
高橋潔
時間
11:00/14:00
場所
地球温暖化研究棟 交流会議室

地球温暖化が進むといろいろな影響が懸念されます。気温が上がるだけではなく、食糧や水の供給、自然環境にも様々な影響が予測されています。ここでは日本に及ぼす影響について、最新の研究成果を踏まえて説明します。


低炭素社会に向かうには?

講師
芦名秀一
時間
11:30/14:30
場所
地球温暖化研究棟 交流会議室

今後の温暖化に対処するためには、二酸化炭素排出の少ない低炭素社会を構築しなければなりません。そのような社会の構築は可能なのでしょうか?ここでは質の高い低炭素社会を構築するための提案をわかりやすく解説します。