ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

講演および展示や体験イベントなどの詳細

講演会

家で使って汚れた水はどこへ行く?(日本で、アジアで)
10:30~11:00
私たちはトイレやお風呂、炊事、洗濯などで、毎日多くの水を使いますが、使って汚れた水はどこへ行くのでしょうか?本発表では、日本とアジアの生活排水の処理状況を対比して紹介しつつ、日本人が作り上げてきた技術や制度がアジアでどのように貢献できるかについてご紹介致します。
 

PM2.5って健康に影響してるの? -国立環境研究所における研究紹介-
14:40~15:10
高度経済成長期から考えると日本の大気環境は格段に改善していますが、現状の大気汚染が健康に影響しているのか、いないのか、まだわかっていないことも多いです。この講演では、国環研で進めてきた疫学研究を中心に、現在分かっていることをご紹介したいと思います。

パネルディスカッション

ココが知りたい 地球温暖化の適応策
13:00~14:30
江守正多室長をモデレータとし、環境省の担当者、新聞記者、学生含む多様なパネリストにより、地球温暖化の適応策について、わかりやすく説明し、理解を深めます。

パネル・展示

地球温暖化研究棟 人工衛星による温室効果ガス観測
国立環境研究所とJAXA筑波宇宙センターによる連携展示。温室効果ガス観測技術衛星「いぶき(GOSAT)」について、これまで得られた最新の観測結果の説明と、後継機(打ち上げ準備中)であるGOSAT2の「すごいところ」を解説します。
地球環境モニタリング(空から民間航空機を利用して測る)
地球温暖化の仕組みを正確に把握するためには、大気中の温室効果ガスを正確にかつ頻繁に観測しなければなりません。民間航空機を利用した上空からの温室効果ガスの観測プロジェクト中心にご紹介します。このプロジェクトは昨年の伊勢志摩サミットでも紹介されました。
永久凍土からメタン!?巨大永久凍土が解けている
寒冷な地域には一年を通して地面の中の氷が解けない「永久凍土」が広く分布しています。永久凍土は氷河時代から凍り付いているため、メタンなどの有機物や二酸化炭素が、たくさん含まれています。この展示では、地球温暖化による永久凍土融解の現状と将来予測を行う研究の成果を、現地での写真や映像を交えて紹介します。
大山記念ホール 使用済み家電製品に含まれる新規POPsに関する研究
POPs(残留性有機汚染物質)条約は12物質を対象に2004年に発効し、その後、多くの物質が新たに追加されてきていることから、製品や循環資源中の新規POPs含有量について国内の実態を正確に把握することが必要です。本発表では、使用済み家電製品中の臭素系難燃剤PBDEsの含有実態について紹介します。
デカBDE含有廃プラスチックの簡易判別技術の開発
使用済みとなった家電製品のリサイクル工場では、廃プラスチックの安全なリサイクルに向けて、規制難燃剤のデカBDEを含有する廃プラスチックを簡易に判別する技術の開発と実用化が求められています。本発表では、デカBDE含有廃プラスチックの簡易判別技術の開発に向けた取組について紹介します。
環境リスク・健康研究センターの紹介
環境リスク・健康研究センターで行われている研究を、ポスター展示等にて紹介します。
食品の加熱で生じる化学物質のばく露 (身近な化学物質ばく露を知ろう)
平成27年度から28年度にかけて一般家庭を対象に実施した、食品由来のアクリルアミド摂取量についての陰膳調査の結果を紹介します。食品加工過程や身近な調理におけるアクリルアミドの生成について考えるクイズも準備しています。
東京湾海底の泥から電気をとりだして悪臭を除去する
東京湾の底泥を用いた堆積物微生物燃料電池の実物展示説明を行います。
湖の生物と環境を調べる~湖の生態系保全に向けて~
今月、国立環境研究所琵琶湖分室が設置されました。当研究所では、これまで日本全国の湖沼をフィールドとして湖沼環境研究を進めてきました。本展示では、40年以上にわたって水質や生物の観測・調査を継続している霞ヶ浦の研究について、実際に使用している調査道具やパネルを使ってご紹介します。また、子供から大人まで楽しめる「さわれる展示」もございます(※写真は昨年度の展示)。
浅海底観測システム「せんかい」の紹介
 
サンゴ礁や藻場などの浅い海域を3D観測するシステムの紹介を行います。
福島支部の紹介
福島支部で行われている災害環境研究を、パネル展示で紹介します。
大山記念ホール前ロビー 分かりやすい研究情報誌の配付!
国立環境研究所の研究を分かりやすく伝える研究情報誌「環境儀」や、「国立環境研究所ニュース」を、希望者の方に無料で配布します。

体験・イベント等


自転車de発電
(発電量ランキング発表、証明書発行)
家電にも、自転車発電で動かせるものとそうでないものがあります。必要なエネルギーの違いを自転車発電でぜひ体験してください。脂肪が気になる皆様、体力測定も兼ね、自転車発電に挑戦ください!ゲーム感覚でパワー測定できる新システムの登場です。(ブレンダーでジュースを作る特別セッション、高齢者用プログラムも予定)。
地球温暖化研究棟
あなたの未来は低炭素?~2050低炭素ナビ体験~
あなたが思い描く未来はどのくらい"低炭素''なのでしょうか?10個の質問に答えて、あなたの未来を"数値''にしましょう。他の人の結果や国の目標と比較すると、あなたの未来に必要なエコアクションがわかるかも!
対象年齢:中学生以上
10:00~11:00 / 11:40~14:50 / 15:30~16:00
(環境サイエンスカフェ開催時間を除く)
地球温暖化研究棟
環境サイエンスカフェ ~2050年に向けた低炭素社会の道のりは?
低炭素ナビ体験の特別版としてサイエンスカフェを開きます。2050年に温室効果ガスの排出量を80%削減するという国の目標を達成するためには、どんな対策を、どの程度行えばよいでしょうか。目指すべき社会について、飲み物を飲みながら、研究者と共に考えましょう。
対象年齢:中学生以上
11:00~11:40 / 14:50~15:30
各回40分
 地球温暖化研究棟
セグウェイ試乗会
10:00~16:00(雨天中止)
・16才以上、概ね70才くらいまで
・45kg以上 118kg未満
・妊娠中の方、酒気帯びの方はご遠慮ください
・ハイヒール不可
・ヘルメットを着用して頂きます
※整理券を配布します
※「まだ間に合う、今しか乗れない近未来の快適乗り物(G3)」は、都合により中止となりました