ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

講演および展示や見学ツアー・体験イベントなどの詳細

講演会

高齢化社会におけるごみ
10:30~11:00
大山記念ホール
資源循環・廃棄物研究センター
多島 良
写真:多島良
高齢化が進むと、排出されるごみの量・質、ごみ管理のシステムにどのような影響を与えるのでしょうか。本発表では、つくば市及び地元自治会の協力の下実施した、高齢者世帯のごみ量・質や、高齢化によるごみ減量・管理活動への影響等に関する研究を紹介します。
大気汚染の健康影響
11:00~11:30
大山記念ホール
環境健康研究センター
新田 裕史
写真:新田裕史
「公害」と言われていた頃から最近話題の大気汚染まで、大気汚染とは何か、どのようにして起こり、またどのような健康影響を引き起こすの か最新の知見を踏まえて分かりやすくお話します。具体的にはPM2.5と呼ばれる、空気中に長時間浮遊する微小粒子に焦点を当てて、その発生から健康影響 までを解説します。
較べてみよう 身近な汚染と環境基準
11:45~12:15
大山記念ホール
地域環境研究センター
稲葉 一穂
写真:稲葉一穂
私たちが生活する時に何気なく排出する水や空気の汚染レベルと、それらの排出限度である国等が定めている環境基準値について、知覚を使う実体験を通して環境基準の位置づけを理解してもらうと共に、環境を保護することの大切さと難しさを実感してもらいます。
森や海の生物とオゾン層の関係
12:15~12:45
大山記念ホール
環境計測研究センター
斉藤 拓也
写真:斉藤拓也
講演:冷蔵庫やエアコンの冷媒などに使われていたフロン類によって成層圏のオゾン層が壊されていますが、フロン類以外にも成層圏オゾンを破壊する化合物があります。ここでは、森や海の生物が作り出す様々な化合物と成層圏オゾンとの関係について解説します。
最近の世界の二酸化炭素排出と地球規模炭素循環
13:05~13:30
地球温暖化研究棟
地球環境研究センター
野尻 幸宏
写真:野尻幸宏
化石燃料燃焼と土地利用変化(森林破壊など)を合わせた人為起源二酸化炭素排出の約半分を海洋と陸上植物が吸収しているので、吸収源の作 用は大気濃度を決める重要な要因です。世界とわが国の二酸化炭素排出に関する最新の統計と地球規模炭素循環の観測研究から、人間が出した二酸化炭素の行方 について解説します。
地球温暖化の現状と最新の将来気候予測
13:30~13:55
地球温暖化研究棟
地球環境研究センター
横畠 徳太
写真:横畠徳太
大気中の二酸化炭素の増加によって、20世紀の間に地表の気温は上昇してきました。今後も二酸化炭素は増加し、その温室効果によって、地 表気温は上昇を続けることが予測されています。近年の気候の変化の傾向と、予測された気候の将来像について、最先端の研究の成果を分かりやすく説明しま す。
温暖化の影響と適応に関する研究
13:55~14:20
地球温暖化研究棟
社会環境システム研究センター
高橋 潔
写真:高橋潔
20世紀の気候変化のために、その影響も各分野で現れつつあります。また将来に目を向けると、大規模かつ早急な排出削減を実現できない場 合、温暖化はさらに加速し深刻な影響が世界全域で生ずることが予想されています。講演では温暖化影響の見通しに関する最新の知見を紹介するとともに、その 被害を軽減するための対策の一つである「適応策」について説明します。
実現可能な低炭素社会像の提案に向けて:統合評価モデルによる日本低炭素社会デザイン
14:20~14:45
地球温暖化研究棟
社会環境システム研究センター
増井 利彦
写真:増井利彦
東日本大震災後、日本における温暖化対策への関心は小さくなり、第二約束期間への参加も見送られました。しかしながら、温暖化問題は解決 したのではなく、今後、これまで以上に温暖化対策を求められる可能性があります。エネルギー問題など様々な問題を抱えた日本において、低炭素社会の実現に 向けた道筋について報告します。
低炭素社会に向けたロードマップ:研究から社会実装に向けて
14:45~15:10
地球温暖化研究棟
社会環境システム研究センター
甲斐沼 美紀子
写真:甲斐沼美紀子
気候変動を抑制するには、アジアにおける低炭素社会実現が一つの鍵となっています。国立環境研究所では、アジア地域の国、地域を対象に、 シナリオアプローチにより低炭素社会を定性的、定量的に分析するとともに、低炭素社会移行のための具体的な行動を引き出す社会実装を検討しています。これ らの取り組みを紹介します。
世界が低炭素社会に向かうために:望ましい国際制度の姿と主要国の巻き込みのための仕掛け
15:10~15:35
地球温暖化研究棟
社会環境システム研究センター
久保田 泉
写真:久保田泉
京都議定書第1約束期間が終わりました。現在は、2020年以降、国際社会が、どのように地球温暖化対策に取り組んでいくかについての交 渉が進められています。望ましい国際制度とはどのようなものか、温暖化交渉では各国がどのようなことを主張していて、なぜまとまらないのか、そして、それ を克服する道はあるのかについて解説します。

展示物

大山記念ホール 中会議室ロビー 高齢化社会におけるごみ
講演会に関するポスター展示を行います。
発展途上国におけるリサイクルの担い手
写真:天秤棒を担いで有価物を回収する人(ベトナム・ハノイ)天秤棒を担いで有価物を回収する人(ベトナム・ハノイ)
ベトナム国ハノイ市をケーススタディとして、発展途上国においてリサイクルの主な担い手であるインフォーマルセクター(公共が関与しない組織群)の活動実態を明らかにするとともにインフォーマルセクターによる廃棄物の発生量削減効果を定量化します。
大山記念ホール 環境リスク研究センターの研究紹介
写真:環境リスク研究センターの研究紹介
環境リスク研究センターで行われている研究を、ポスター展示にて紹介します。
生物多様性研究の最前線
生物Cでは、生物多様性の保全と生態系サービス(自然の恵み)の持続的な利用の実現を目指して日々研究に取り組んでいます。本展示では最新の成果についてご紹介します。
無機ヒ素とがん
写真:無機ヒ素とがん
天然由来のヒ素が混入した地下水の飲用による健康被害が、世界各国で報告されています。本発表では、ヒ素による深刻な健康被害である発がんに焦点をあて、どうしてヒ素でがんができるのか、そのメカニズムについて、これまでの研究成果をわかりやすくご紹介します。
※解説者による説明は公開開始から12時まで
ポスター展示:子どもの健康と環境とのかかわり
写真:子どもの健康と環境とのかかわり
子どもの健康と健康に関する全国調査(エコチル調査)の進捗について、ポスター等で紹介します。
大山記念ホール前ロビー 刊行物の展示&配布
研究所の活動状況や、研究成果等をとりまとめた刊行物の展示・配布を行います。
※指定刊行物の配布(希望者)
地球温暖化研究棟 地球温暖化研究プログラム紹介
地球温暖化に関する様々な問題の解決を目指し、研究に取り組んでいます。ここではその成果の一部をご紹介します。
地球環境モニタリング(空から測る)
地球温暖化という現象をとらえるためには、大気中の温室効果ガスを正確に観測しなければなりません。航空機を利用した上空からの温室効果ガスの観測についてご紹介します。
地球環境モニタリング(海で測る)
船舶を利用した海の温室効果ガスの観測についてご紹介します。
地球環境モニタリング(宇宙から測る)
温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による温室効果ガスの観測についてご紹介します。
温暖化影響モニタリング(サンゴが知らせる海の温暖化)
写真:温暖化影響モニタリング(サンゴが知らせる海の温暖化)
地球温暖化の環境に対する影響を正確に把握するため、国立環境研究所では温暖化影響のモニタリングを2011年より開始しています。ここでは、サンゴなどの海洋生物に着目した温暖化影響モニタリングをご紹介します。
温暖化影響モニタリング(高山帯から見えてくる温暖化)
地球温暖化の高山生態系に対する影響を把握するため、国立環境研究所では温暖化影響(高山帯)のモニタリングを多地点で2011年より開始しています。ここでは、日本国内の高山帯の積雪・融雪時期や植物の活動に着目した温暖化影響モニタリングをご紹介します。
日本とアジアのCO2:排出量はどのくらい?
国立環境研究所では、日本国内の温室効果ガスがどこからどのくらい排出されたのかを算出し、国連気候変動枠組条約に提出しています。ここでは、CO2排出量の推移をご紹介します。
日本とアジアのCO2:低炭素社会を作ろう!
日本、アジア、世界での低炭素社会の実現に向けて、国立環境研究所が実施している研究とその成果をご紹介します。

体験・その他

企画名称 企画内容 開催場所
自転車de発電
写真:温暖化影響モニタリング(サンゴが知らせる海の温暖化)
自転車をこいで発電し、家電製品を動かすことにより、エネルギーとCO2の関係を実感していただきます。
地球温暖化研究棟
セグウェイ体験 つくばロボット特区でも話題の乗り物・セグウェイの試乗会を行います。
[協力:つくば市役所]

※10:10からイベント会場において整理券を配付。
・16才以上、概ね70才くらいまで 
・45kg以上118kg未満 
・妊娠中の方、酒気帯びの方はご遠慮ください 
・ハイヒール不可 
・ヘルメットを着用していただきます。
第三駐車場
電動自転車の
展示・試乗
タイプの異なる電動自転車を展示。それぞれ試乗して違いを実感していただきます。
所内ツアー 普段見ることの出来ない研究施設と春の環境講座イベントをガイドと担当研究者がご案内します。10:30~12:00、14:00~15:30
※各回先着20名様まで
※10:00~、13:00~受付にて整理券を配付、各回開始5分前に受付集合
本館前集合