ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

気候変動影響の観測・監視に関する研究プロジェクト(平成 31年度)
Research into Observation, Monitoring and Detection of Climate Change and Resultant Impacts

予算区分
AA 課題解決型
研究課題コード
1820AA003
開始/終了年度
2018~2020年
キーワード(日本語)
気候変動,観測,監視
キーワード(英語)
climate change, observation, monitoring

研究概要

気候変動影響評価手法の高度化に関する研究および社会変動を考慮した適応戦略に関する研究プロジェクトと連携し、気候変動影響の観測・監視システムの構築、及び長期的な気候変動傾向とその影響の関連性を分析し、その原因を特定するための理論(メカニズム)と手法の確立に関する調査・研究を行う。具体的には、自然生態系分野(陸域生態系、沿岸域・閉鎖性海域生態系、海洋生態系、干潟生態系、湖沼・流域生態系)、大気汚染(オゾンやPM等)に関連する長期モニタリングデータと、関連する気象要素(例えば、気温、降水量、風速、湿度など)等のデータを収集・整備し、中・長期的な変動傾向と気候変動影響の関連性について統計的手法を用いて分析を行う。また、統計的に検出される気候変動影響を裏付けるために、影響のメカニズム解明に関する実験を行うとともに気候変動影響を観測するための効果的なモニタリング手法を開発する。モニタリングデータを始め得られた科学的知見をA-PLAT・AP-PLATを活用して公表することにより、効果的な適応戦略立案に資する。

今年度の研究概要

自然生態系分野(陸域生態系、湖沼・流域生態系、閉鎖性海域生態系、沿岸生態系、海洋生態系)、大気汚染(オゾンやPM等)に関連する長期モニタリングデータと、関連する気象要素(気温、降水量、風速、湿度、水温、流速、塩分、照度)などのデータを収集・整備し、中・長期的な変動傾向と気候変動影響の関連性に関する解析を継続する。また、検出される気候変動影響を裏付けるために、影響のメカニズム解明に関する調査・研究を開始する。さらに、気候変動影響を観測するための効果的なモニタリング手法を開発する。得られた観測データや様々な分野で検出された気候変動影響を集約し統合的な研究を促進すると共に、気候変動適応情報プラットフォーム及びアジア太平洋気候変動情報プラットフォームから公表するためのデータベースの設計を開始する。

外部との連携

PJ1-1
・長野県環境保全研究所、静岡県環境衛生科学研究所(共同研究?型)
PJ1-3
・沖縄県衛生環境研究所、沖縄県環境科学センター、みずほ情報総研(連携)
PJ1-4
・岩手大学農学部
PJ1-7
・環境研究総合推進費課題【2-1605】永久凍土大規模融解による温室効果ガス放出量の現状評価と将来予測(平成28-30年度)代表:斉藤和之 海洋研究開発機構
・科学研究費補助金 基盤B(海外)(2018-2021) 地リモートセンシングと現地観測による永久凍土融解過程と速度の定量 化代表:岩花剛 北海道大学

課題代表者

小熊 宏之

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性保全計画研究室
  • 室長
  • 工学
  • 農学
portrait

担当者