ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境社会実現のための政策評価研究(平成 29年度)
Policy evaluation for environmentally sustainable society

予算区分
AA 課題解決型
研究課題コード
1620AA053
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
政策,計画,制度,持続可能性,ステークホルダー
キーワード(英語)
policy,planning,institution,sustainability,stakeholder

研究概要

持続可能な社会に向けた、地域及び生活の具体像の検討と、その実現に必要な計画策定手法の開発を実施するとともに、国・地域の法制度を対象として持続可能社会実現の観点から効果的な法制度を提示する。具体的には、持続可能社会実現のための計画策定手法を開発するとともにデータ収集・分析を実施する。また、地方自治体を対象に開発した手法を試行し、改善点の検討と改善のための追加的なデータ収集を実施する。次に、法制度を含めた政策評価の手続きを検討するとともに、開発した手法とこれまでに得られた成果を統合し、具体的な地域を対象とした適用を通じて持続可能社会実現のための政策評価や実現ロードマップを検討する。最後に、社会実装を見据えた政策提言に結びつけるための取組を実施する。これらを通じて、持続可能な社会における地域及び生活の具体像の提示とその実現に必要な計画策定支援及び政策提言に貢献する。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:

全体計画

持続可能な社会に向けた、地域及び生活の具体像の検討と、その実現に必要な計画策定手法の開発を実施するとともに、国・地域の法制度を対象として持続可能社会実現の観点から効果的な法制度を提示する。具体的には、3年目までに持続可能社会実現のための計画策定手法を開発するとともにデータ収集・分析を実施する。また、地方自治体を対象に開発した手法を試行し、改善点の検討と改善のための追加的なデータ収集を実施する。4年目までには法制度を含めた政策評価の手続きを検討するとともに、開発した手法とこれまでに得られた成果を統合し、具体的な地域を対象とした適用を通じて持続可能社会実現のための政策評価や実現ロードマップを検討する。5年目には、社会実装を見据えた政策提言に結びつけるための取組を実施する。これらを通じて、持続可能な社会における地域及び生活の具体像の提示とその実現に必要な計画策定支援及び政策提言に貢献する。

今年度の研究概要

地域及び生活における日常的行動に関する選好、中期的居住地域・世帯類型に関する選好及び長期的地域ビジョンに関する選好を対象として、これらの関係性を一体的に把握・分析する予備的調査を実施し、計画策定手法の検討を進める。また、温暖化対策や地域自然保全、経済対策等の複数の政策課題を統合的に解決するための検討に向けて、国や地域の法・制度を評価するための手法や理論の体系的整理を進める。

課題代表者

松橋 啓介

  • 社会環境システム研究センター
    環境政策研究室
  • 室長
  • 博士(工学)
  • 工学,土木工学,建築学
portrait

担当者