ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境化学物質による発達期の神経系ならびに免疫系への影響におけるメカニズム解明に関する研究(平成 24年度)
Studies on the effects of environmental chemicals on nervous and immunological systems during developmental period

予算区分
BD 環境-環境技術 S2-12
研究課題コード
1013BD001
開始/終了年度
2010~2013年
キーワード(日本語)
環境化学物質,アレルギー,免疫系,影響評価
キーワード(英語)
environmental chemicals, allergy, immunological system, evaluation

研究概要

環境中の化学物質が小児の発育に及ぼす影響を明らかにするために大規模疫学調査(エコチル調査)が開始されるのにともない、疫学研究と連携しそれを補完する ための実験毒性学研究の重要性は増している。そこで、環境中の化学物質が子どもの発達段階における神経系と免疫系への影響を検討し、そのメカニズムを実験的に解明する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

アレルギー疾患モデル動物(アレルギー性喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎)や免疫担当細胞を使用し、分子生物学的手法等を用いて環境化学物質がアレルギー疾患に及ぼす影響メカニズムの解明とスクリーニング手法を開発する。

今年度の研究概要

DINPがアレルギー性喘息に及ぼす影響について検討する。加えて、これまでの検討で増悪影響を認めた化学物質を対象に、乳児期曝露による仔のアレルギー性喘息への影響評価も開始する。またin vitroにおいても、引き続き、BMDCに環境化学物質を曝露し、活性化マーカーやサブセット、シグナル伝達系の変動等について解析する。

外部との連携

研究代表者:伏木 信次教授(京都府立医科大学)のサブサブテーマを担当

備考

旧執行予算コード:36569

関連する研究課題

課題代表者

柳澤 利枝

  • 環境リスク・健康研究センター
    病態分子解析研究室
  • 主任研究員
  • 博士(医学)
  • 医学,生化学
portrait

担当者