ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2018年8月31日

編集後記

 平成28年の環境省在任中、温室効果ガスの排出量を2030年度に2013年度比26.0%削減を目指すという目標に向け、地球温暖化対策推進法に基づく政府の実行計画の策定を進めていました。この政府の実行計画については、第34回地球温暖化対策推進本部において、2030年度の排出量を政府全体で40%削減することを目標とし2020年度までにLED照明を可能な限り率先導入することとしていることから、環境省内に設置したHEMSの実測により、LEDと一体の調光システムによる省エネ効果が60%ということを実証し、環境省の照明器具のLED化を図りました。温暖化対策の緩和策実現には時間がかかるとは思っていましたが、環境省の全ての照明器具がLEDとなったのは2年後の平成30年2月でした。今回の特集号を通して、気候変動に関連する影響やリスクを緩和や適応によってどのように低減管理できるか、学び考えていきたいと思います。

( I )

関連新着情報

表示する記事はありません

関連研究報告書

表示する記事はありません