第6回環境研究機関連絡会成果発表会 「無駄のない社会をつくる−資源循環の『見える』化−」 開催のお知らせ

ここからページ本文です

第6回環境研究機関連絡会成果発表会
「無駄のない社会をつくる−資源循環の『見える』化−」開催のお知らせ

環境研究機関連絡会では、資源循環に関する最新の研究成果や対策技術を、広く研究者や行政関係者、市民の皆様等の環境問題解決に取り組む方々に発信するため、成果発表会を開催することとしました。

参加費は無料ですが、参加登録をお願いいたします。
  (参加登録は終了しました)
多くの皆様のご来場をお待ちしております。

開催の詳細    (パンフレットPDF:472KB)

ポスター[PDF:897KB]

(1) 日時 : 平成20年11月20日(木) 12:00〜17:30
(受付12:00開始、ポスター発表会場12:00開場、講演12:55開始)
(2) 会場 : 〒101−0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号
学術総合センター 一橋記念講堂
(3) 主催 : 環境研究機関連絡会
(4) 参加費 : 無料
(5) 参加登録 : 参加登録は終了しました
(6) プログラム : 下記参照
(7) 問い合わせ先 : 環境研究機関連絡会事務局 (独立行政法人国立環境研究所 企画部 内)
〒305−8506 茨城県つくば市小野川16−2
TEL :  029−850−2303    FAX :  029−851−2854
E-mail : kkr_h20@nies.go.jp

プログラム

【講演】(一橋記念講堂)
12:55 開会挨拶
(独)国立環境研究所 理事長 大塚柳太郎
13:00 基調講演(40分)
ゼロエミッション社会の実現に向けて
講演者:放送大学教授(中央環境審議会会長) 鈴木基之 
13:40 講演1 構造物の長寿命化
(1) 社会資本の戦略的維持管理への取り組みについて(15分)
発表者:国土交通省国土技術政策総合研究所 総合技術政策研究センター
建設システム課長 佐近裕之 
(2) 200年住宅へ向けた先導的取り組み〜超長期住宅先導的モデル事業について〜(15分)
発表者:(独)建築研究所
材料研究グループ長・建築生産研究グループ長 本橋 健司 
14:10 講演2 都市鉱山、希少金属
(1) アーバンマイニングの可能性と希少金属回収(15分)
発表者:(独)物質・材料研究機構
材料ラボ長 原田幸明 
(2) 電子機器から希少金属を回収する−コンパクトな再資源化システム技術−(15分)
発表者:(独)産業技術総合研究所
環境管理技術研究部門副部門長 小林幹男 
14:40 休憩
15:00 講演3 バイオマスの利活用
(1) 木質及び水産バイオマスの利用とバイオマスエネルギーの環境・経済性評価(22分)
発表者:(独)森林総合研究所
バイオマス化学研究領域長 大原誠資 
情報提供機関:(独)水産総合研究センター、(独)産業技術総合研究所
(2) 下水道資源・施設を活用したバイオマス利用 (8分)
発表者:(独)土木研究所
材料地盤研究グループ上席研究員 岡本誠一郎 
15:30 講演4 環境配慮設計・ライフサイクルアセスメント
LCAを用いた製品と社会の設計(30分)
発表者:(独)産業技術総合研究所 安全科学研究部門
社会とLCA研究グループリーダー 玄地 裕 
情報提供機関:(独)国立環境研究所
16:00 講演5 循環型社会
近未来の資源循環ビジョン実現に向けて(30分)
発表者:(独)国立環境研究所  循環型社会・廃棄物研究センター
循環技術システム研究室長 大迫政浩 
情報提供機関:(独)土木研究所
16:30 閉会挨拶
(独)農業環境技術研究所 理事長 佐藤洋平
【ポスター発表】(中会議室3,4及び特別会議室1,2,3)
○ 展示時間 : 12:00〜17:30
○ 発表時間 : 12:00〜12:45/16:45〜17:30
○ ポスター発表一覧 [PDF:232KB]

環境研究機関連絡会とは

今日発生している様々な環境問題を解決するためには、各専門領域にとどまることなく、これらを包含した総合的視点から、各専門分野の研究を推進する必要があります。また、環境研究に関する多様なニーズに応え、効果的、効率的な研究を推進していくため、新たな情報交換の場を設け、より一層、連携・協力を緊密にしていくことが不可欠となっています。

そこで、環境研究に携わる国立及び独立行政法人の研究機関が情報を交互に交換し、環境研究の連携を緊密にするため、「環境研究機関連絡会」が平成13年に設置されました。

連絡会では、

(1) 環境研究の推進状況の紹介と相互理解
(2) 環境研究の主要成果の紹介
(3) 環境研究の協力・連携・連絡

などを行っています。

参加機関(平成20年11月現在)

・独立行政法人防災科学技術研究所 ・独立行政法人物質・材料研究機構
・独立行政法人農業環境技術研究所 ・独立行政法人森林総合研究所
・独立行政法人水産総合研究センター ・独立行政法人産業技術総合研究所
・国土交通省気象庁気象研究所 ・国土交通省国土技術政策総合研究所
・独立行政法人建築研究所 ・独立行政法人港湾空港技術研究所
・独立行政法人土木研究所 ・独立行政法人国立環境研究所
Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。