ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

都市と地域の炭素管理に関する研究(平成 30年度)
Studies on carbon management in urban and regional area

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
0716BA001
開始/終了年度
2007~2024年
キーワード(日本語)
炭素管理,都市,地域
キーワード(英語)
Carbon management, Urban, Region

研究概要

GCPの国際研究計画の一部として、都市と地域における炭素管理に関する研究を実施する。国内外の共同研究者と連携して、炭素管理に関するデータの収集を行い、CO2排出量の推定や炭素管理手法の検討をおこなう。特に、土地利用シナリオに関する情報の収集と分析を実施する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

規模の異なる複数の都市・地域テストサイトにおける、炭素管理に利用可能な地域資源(再生可能エネルギー、バイオマスなど)の空間分布を把握し、都市や地域の炭素管理を考慮した土地利用シナリオを分析する。また、空間詳細な土地利用シナリオの検討に必要となる検証情報をするために、リモートセンシング情報などを用いて、都市形態と排出量との関係を調査・分析を実施する。

今年度の研究概要

グローバルな都市炭素排出データベースの第一回目となるバージョンの公開を行う。このデータベースの内容はGlobal Carbon Atlas(人為・自然起源の炭素フラックスに関する国レベルの最新のデータを可視化し、公表するプラットフォーム)に統合され、異なるスケール間の排出データを取得するためのワンストップ・プラットフォームとして利用者に提供される予定である。また、引き続き、LCZ手法を使ったボトムアップアプローチによる都市の炭素マッピングの研究の推進を主導する。具体的には、さらなるパイロット都市を検討し、主要なアジアの都市におけるLCZ手法を使った都市の炭素マッピングに関する研究提案を行い、また、World Urban Database and Access Portal Tools(WUDAPT)イニシアティブとの共同研究の実施検討を進める。これらの都市の炭素マッピングのプロジェクトにより、Future EarthのUrban Knowledge Action Network(UKAN)に貢献する。また、9月にベルリンにおいて気候変動の緩和のための都市ソリューションの体系化・高度化に関する国際ワークショップを開催する。

外部との連携

共同研究機関: アジア工科大学院

課題代表者

山形 与志樹

  • 地球環境研究センター
    気候変動リスク評価研究室
  • 主席研究員
  • 学術博士
  • システム工学,数学,地理学
portrait

担当者