ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

規制難燃剤に代わる縮合型リン系難燃剤の安全性評価:適切なリスクベース管理に向けて(平成 30年度)
Chemical safety assessment of oligomeric organophosphorus flame retardants used as alternatives for restricted hazardous substances

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1719CD007
開始/終了年度
2017~2019年
キーワード(日本語)
次世代難燃剤,不純物,分解物,生体内利用性
キーワード(英語)
Next-generation flame retardants,Impurity,Degradation product,Bioaccessibility

研究概要

縮合型リン系難燃剤は、欧州RoHS指令やPOPs条約対象の規制難燃剤に代わって主流となりつつある次世代難燃剤のひとつであるが、近年、環境経由の曝露リスクが危惧されている。縮合型リン系難燃剤に関しては、適正な安全性評価に基づくリスクベース管理を導入し、消費者の火災安全性と健康安全性を両立させる管理方策を採ることが考えられる。本研究では、製品中縮合型リン系難燃剤の主成分、合成不純物、分解生成物の物理化学的性状、毒性発現性、生体内利用性の事実確認を進め、縮合型リン系難燃剤の市販製剤から含有製品までの一貫した安全性評価に資する科学的知見を提示することを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

本研究は、製品中縮合型リン系難燃剤のリスク因子の解明を進める。初年度は、製品中縮合型リン系難燃剤のリスク因子の解明に向けて基盤となる分析法を完成する。具体的には、これまでの市販製剤に適用した分析法に改良を加え、製品中縮合型リン系難燃剤の各種関連成分(主成分、合成不純物、分解生成物)の分析法を確立する。次年度以降は、パソコン用ディスプレイのプラスチックケース、自動車内装材や家具のポリウレタンフォームを対象として、製品中縮合型リン系難燃剤の各種関連成分の物理化学的性状、生体内利用性、毒性発現性に関する科学的知見を類型化し、縮合型リン系難燃剤の主要なリスク因子を解明する。

今年度の研究概要

マルチハートカット二次元GPC/RPLCシステムを用いて合成不純物を分取・濃縮・精製する。
精製後の合成不純物についてNMRスペクトル測定を実施し、分子構造を決定する。
精製後の合成不純物について薬物代謝異常に関するCALUX アッセイを実施し、生殖毒性の視点から曝露リスクが高い合成不純物を特定する。
V6関連成分の腸管溶出性及び腸管吸収性の実態予測として、「生理学的抽出評価(PBET)」及び「Caco-2細胞膜透過性評価」を検討し、これらを用いたin vitro
スクリーニングにより、生物学的利用能の視点から曝露リスクが高い合成不純物を特定する。

課題代表者

松神 秀徳

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    基盤技術・物質管理研究室
  • 研究員
  • 環境学博士
  • 化学
portrait

担当者

  • 鈴木 剛資源循環・廃棄物研究センター