ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

総合的アプローチによる東南アジア地域での分散型生活排水処理システムの普及に関する研究(平成 29年度)
Integrated Approach for Dissemination of Decentralized Domestic Wastewater Treatment System in Southeast Asia

予算区分
BA 環境-推進費(委託費) 1-1603
研究課題コード
1618BA004
開始/終了年度
2016~2018年
キーワード(日本語)
東南アジア,分散型生活排水処理,性能評価試験方法,標準化,インベントリー解析
キーワード(英語)
Southeast Asia,Decentralized domestic wastewater treatment,Performance testing method,Standardization,Inventory analysis

研究概要

東南アジア地域においては生活排水対策として我が国の浄化槽システムが期待されているが、当該地域は熱帯気候で生活習慣も異なるため、ハード面での現地化が必要となる。また多くの場合、排水基準は定められているが、放流水質を担保する仕組みが欠落しているために粗悪で安価な製品を排除できない状況にある。本研究は、東南アジア地域における生活排水処理技術の性能評価試験方法を開発し、関連制度の確立と技術の現地化を連携して推進するものであり、これにより、適正な処理機能を有する製品の普及と当該地域における水環境負荷削減、さらには、地域標準化による市場の統合および技術開発促進への貢献が期待される。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

インドネシアを中心として生活排水の質的・量的特性を明らかにし、性能評価試験方法を確立する。これにより、適切な処理性能を有する製品が市場で適正に選択され、持続的に維持管理がなされるための関連制度の構築を図る。これら試験方法、関連制度について、東南アジアにおける現状分析を通じて、地域標準化に向けた戦略を提示する。
また、東南アジア地域に適用可能な分散型生活排水処理システムの開発を目指し、東南アジアでの生活排水の質・量解析に基づき、高く安定した排水温での微生物分解、汚泥生成・減容化等の特性解析を踏まえ、我が国の浄化槽等の現地化した小・中規模の処理技術を提案するとともに、既存の腐敗槽汚泥を含めた汚泥収集・処理システムの構築を図る。これらの成果を踏まえ、各地域への技術の導入・展開を見据えた排水インベントリー解析により、システム導入による社会的効果の検証を行う。さらに、東南アジアにおける現状分析を通じて、地域標準化に向けた戦略を提示する。

今年度の研究概要

(1)性能評価試験および関連制度の確立と小・中規模分散型処理技術の現地化・実証に関する研究
サブ3等の成果を踏まえて性能評価試験方法および試験実施体制の精査を進める。技術面では、パイロット試験を通じて処理性能や汚泥発生量、温室効果ガス排出量等の評価を進め、資金調達についても検討するとともに、提案する試験方法の妥当性検証に活用する。さらに、既存排水処理施設を評価するインターフェースを開発する。

(2)東南アジアにおける環境技術の地域標準化に関する研究
前年度の調査を継続するとともに、分散型生活排水処理システムに関する地域標準化に向け、関係省庁、業界団体、研究組織など各国主要機関とのネットワークを構築する。

(3)地域の社会特性が生活排水の質・量および排水処理特性に及ぼす影響解析
生活排水の質的・量的調査を進め、原単位設定の他、性能評価試験に必要なピーク係数の設定等を行う。また、前年度に検討した衛生指標を元に、その削減に係る検討をする。

(4)汚泥の収集・処理システムの開発
汚泥の質・量の把握を通じた適切な汚泥処理技術の検討、現地に適した汚泥発生量の算定方法、持続可能なビジネスモデル・料金設定・徴収の仕組み等を検討し、汚泥収集・処理システムのモデルを構築する。

外部との連携

(独)日本貿易振興機構アジア経済研究所、東洋大学理工学部、(公財)地球環境戦略研究機関、(一社)浄化槽システム協会、(一財)日本建築センター、(公財)日本環境整備教育センター

課題代表者

蛯江 美孝

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    国際廃棄物管理技術研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (農学)
  • 生物工学,化学,土木工学
portrait

担当者