ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境化学物質曝露の影響を次世代に伝える精子small RNAの解明(平成 29年度)
Identification of sperm small RNAs involved in multigenerational health effects of environmental chemicals

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1719CD014
開始/終了年度
2017~2019年
キーワード(日本語)
miRNA,精子,多世代影響,ヒ素
キーワード(英語)
miRNA, sperm, multigenerational effects, arsenic

研究概要

申請者らはこれまでに、無機ヒ素を妊娠中のC3Hマウス(F0)に飲水投与すると、孫世代(F2)で肝腫瘍が増加すること、その原因は胎児期曝露を受けたF1雄にあることを明らかにした。最近精子のごく少量のsmall RNAが受精卵の遺伝子発現や発生に影響を及ぼすことが相次いで報告されている。そこで本研究では、胎児期無機ヒ素曝露を受けたF1精子で存在量が変化するsmall RNAについて、特にmiRNAに着目して解析し、そのsmall RNAの変化が受精卵の機能に影響するという証拠を示すことによって、無機ヒ素曝露が精子を介して次の世代に影響を伝える新規分子メカニズムを解明する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

成熟後の精子はribosomal RNA (rRNA)をほとんど含まず、大部分はsmall RNAであり、1精子中のRNA量は数〜数十fg程度と微量であることが特徴である。本研究では、マウス精子RNAを至適調製条件で調製し、胎児期ヒ素曝露を受けたF1精子で存在量が大きく変化するsmall RNAを、特にmiRNAに着目して解析し、そのsmall RNAが受精卵で機能することの証拠を示す。以上より、無機ヒ素曝露の影響が精子を介して次の世代に伝わる新規分子メカニズムの一端を解明する。さらにその影響が、次のF2まで伝わるか否かについても、small RNAの変化を指標として検討を加える。

今年度の研究概要

1) 胎児期無機ヒ素曝露群(ヒ素群)F1の作製、繁殖と精子RNAの調製:
C3Hマウス(F0)の妊娠8日から18日に亜ヒ酸ナトリウム85 ppmを含む水を自由摂取させ、子(ヒ素群F1)を得る。対照群およびヒ素群F1雄の精巣上体尾部から体細胞の混入がない成熟精子を得、RNAを調製する。また29年度からマウスの飼育、ヒ素投与を開始し、30年度に精子のRNAを精製する。

2) F1精子miRNAのアレイ解析:
対照群およびヒ素群F1、各群10匹から調製した精子RNAについて、miRNA用マイクロアレイ解析を行い、ヒ素群で存在量が変化するmiRNAを明らかにする。

3) C3Hマウス受精卵のRNA調製法およびリアルタイム条件の確立:
C3Hマウスの受精卵を作製し、至適なRNA調製法およびsmall RNA導入後の遺伝子発現解析、検証の至適条件を決定する。

4) small RNA次世代シークエンス (small RNA-seq) データ解析用パイプラインの構築

外部との連携

共同研究者:国立成育医療研究センター 秦健一郎、中林一彦

課題代表者

野原 恵子

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 学術博士
  • 医学,生化学,生物工学
portrait

担当者