ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

資源循環・廃棄物に係る情報研究基盤の戦略的整備(平成 29年度)
Establishment of informational research fundamentals about resource circulation and waste management

予算区分
AP 基盤整備
研究課題コード
1620AP002
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
物質フロー,資源循環,適正処理,国際廃棄物管理,データベース,資源利用
キーワード(英語)
material flow,recycle,proper treatment,international waste management,database,resource use

研究概要

資源の責任ある利用と廃棄物の適正処理を進めていくうえでは、施策や取組の判断に資する情報を整備し、効果的な施策や取組に結びつけていくことと、そのための必要な研究を推進させる必要がある。情報研究基盤はそのための基盤となるものであり、物質フローデータ、施設データ、アジア国際データ、循環資源・廃棄物の物性・組成データの4つの柱を掲げ、必要となるデータを整備する。なお、物性・組成データなど関連する研究プロジェクト等のなかで調査とデータが収集されるものについては、各研究プロジェクトでのデータ集積を促し、研究プロジェクトとの連携を確保しながら、オープンサイエンスの時代に適合した情報研究基盤の整備と公表を進める。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:

全体計画

資源の責任ある利用と廃棄物の適正処理を進めていくうえでは、施策や取組の判断に資する情報を整備し、効果的な施策や取組に結びつけていくことと、そのための必要な研究を推進させる必要がある。情報研究基盤はそのための基盤となるものであり、物質フローデータ、施設データ、アジア国際データ、循環資源・廃棄物の物性・組成データの4つの柱を掲げ、必要となるデータを整備する。なお、物性・組成データなど関連する研究プロジェクト等のなかで調査とデータが収集されるものについては、各研究プロジェクトでのデータ集積を促し、研究プロジェクトとの連携を確保しながら、オープンサイエンスの時代に適合した情報研究基盤の整備と公表を進める。

今年度の研究概要

物質フローデータについては、新エネルギー技術等に不可欠なクリティカルメタルを対象とした国際フローの時系列データの公開準備を進める。施設データについては、一般廃棄物実態調査における廃棄物処理施設等のデータについて整備を行う。特に、異常値のチェックによるデータクリーニング、施設データと処理データ、市町村データの接合性の改善などを図る予定である。アジア廃棄物については、廃棄物収集原単位の推計手法を提示し、関連データの整備を進める。

課題代表者

田崎 智宏

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    循環型社会システム研究室
  • 室長
  • 博士 (学術)
  • システム工学,政策学,工学
portrait

担当者