ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

気候変動と水・物質循環のフィードバック機構の解明(平成 27年度)
Feedback mechanism between climate change and hydrologic cycle

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1115AQ030
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
フィードバック機構,気候変動,水・物質循環
キーワード(英語)
feedback mechanism, climate change, hydrologic cycle

研究概要

global−regional間でのフィードバック機構の観点から人為活動が洪水・渇水リスクへ及ぼす影響の評価を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

global−regional間でのフィードバック機構の観点から人為活動が洪水・渇水リスクへ及ぼす影響の評価を行う。並行して、trans-boundary問題への対応策としてのスケールアップ手法開発、スケール依存性とstationarityの関係についての定量的解釈、NASAの衛星GRACE(Gravity Recovery and Climate Experiment)による地球の重力場測定を通した水資源量の計測手法とモデルの統合によるdisaggregationの拡張を行う。

今年度の研究概要

シベリア湿原等を対象として改良型NICEを用いることによって、気候変動と水・物質循環のフィードバック機構の解明及びstationarityへの影響評価を行う。

外部との連携

共同研究機関:アラバマ大、中国科学院、など。

関連する研究課題
  • 0 : 地球環境研究分野における研究課題

課題代表者

中山 忠暢

  • 地球環境研究センター
    物質循環モデリング・解析研究室
  • 主任研究員
  • 博士(工学)
  • 土木工学,物理学
portrait