ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

国際資源循環に対応した製品中資源性・有害性物質の適正管理(平成 25年度)
Appropriate management of materials with hazard and resource potentials in harmony with international material cycles

予算区分
AA 中核PJ
研究課題コード
1115AA021
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
国際資源循環,資源性,有害性,電気電子機器廃棄物
キーワード(英語)
International Material Cycles, Resource Potential, Hazard Potential, E-waste

研究概要

国内と国際社会(主にアジア)において3Rを促進する適正管理方策について、物質(製品、素材を含む)のフロー把握・解析と製品ライフサイクル挙動調査に基づいた提言を行うことを目的とする。日本を中心に国際的に流通する資源・材料・製品を対象として、国内外のスケールで資源性の観点からリサイクルが期待される要素と有害性の観点から規制が必要な要素について、システム分析とフィールド調査を統合した体系的な成果獲得と考察を行う。これらの成果に基づき、国際資源循環に対応した製品中資源性・有害性物質に関する、国内外の適正管理方策のあり方を提言する。
1.国際的に流通する資源・材料・製品のフロー把握とシステム分析
国際的に流通する資源・材料・製品を対象(日本に関係する循環資源を主な対象とする)として、それらのフローを把握しながら、国際資源循環のモデル分析、資源回収技術の評価といったシステム分析を行う。すなわち、貿易統計や産業連関表等を活用した統計分析によってマテリアルフロー・サプライチェーンを把握するとともに、循環資源の分析モデルの設計や資源回収技術の評価・類型化を含めて国際資源循環のシステム分析を行う。
2.資源性・有害性を踏まえた製品、物質の循環管理のためのフィールド研究
製品組成・フロー情報とライフサイクル物質挙動の情報について調査・実験で取得しつつ、現在のリサイクル・廃棄過程における資源性を有する物質の挙動や回収性、有害物質の環境排出や影響を国内外のフィールドで把握し、より効果的な資源回収や有害物質の環境排出削減のための課題解決について検討を進める。
3.国際的な循環型社会形成に向けた管理方策の提案
サブテーマ1、2において蓄積したケーススタディーの成果に基づいて、製品及び物質の管理方策の現状とその将来像について体系的な整理を行う。国内外の資源循環に対応した物質管理のあり方について、ESM(環境上適正な管理)基準の考え方や必要な輸出入規制施策などを含めて、政策的な見通しを持った提言を行う。

今年度の研究概要

1.国際的に流通する資源・材料・製品のフロー把握とシステム分析
汎用金属やレアメタルを対象とした国際マテリアルフローのデータ整備とサプライチェーンの構造解析を進め、資源のCriticality等に関する検討を行うとともに、資源採掘に伴い誘発される環境影響に関する実態調査に着手する。国内では、鉄鋼合金元素のリサイクル等の促進のためのより高度な物質循環像の提案および精緻な解析を進める。E-wasteについては、事業者からの排出実態調査で国内フローの概略を求めるとともに、アジア諸国の排出量推計のモデル設計を開始する。リサイクル技術については、レアメタル等の技術情報収集と特殊金属製錬への適用を検討する。

2.資源性・有害性を踏まえた製品、物質の循環管理のためのフィールド研究
フィリピンの事例に加え、ベトナムなど他の開発途上国におけるE-wasteリサイクルや金属製錬等のフィールド調査例数を増やす。その際、リサイクルの工程別の排出調査や地域スケールの環境汚染調査、E-waste燃焼試験等のラボ実験によりマテリアルフロー等の量的情報と組み合わせた排出係数の算定を試みるとともに、無機金属のみならず有機物質を含めた化学物質全体のリスクガバナンスの観点から総合的な取り組みを進める。

3.国際的な循環型社会形成に向けた管理方策の提案
製品中資源性・有害性物質の環境上適正な管理(ESM)に関して、要件の検討を継続する。国内では、E-wasteをはじめ有害危険な廃棄物が不適正な取扱いや輸出に至る流れの実態把握と防止対策を検討する。先進国と途上国におけるESM施設の実行可能性を技術と規模面から検討し、越境移動のルール作りと合わせて、ESM事例と普及の課題を提示する。

外部との連携

共同研究機関:(1) 東京大学、シドニー大学(豪州)、(2) 愛媛大学、京都大学、フィリピン大学(フィリピン)、ハノイ工科大学(ベトナム)、バンドン工科大学(インドネシア)、(3) アジア経済研究所、ルンド大学(スウェーデン)、チュラロンコン大学(タイ)、バーゼルフォーラム(韓国)

課題代表者

寺園 淳

  • 資源循環・廃棄物研究センター
  • 副センター長
  • 博士(工学)
  • 工学
portrait

担当者