ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

東アジア標準化に向けた廃棄物・副産物の環境安全品質管理手法の確立(平成 24年度)
Establishment of a methodology for environmentally sound quality control of wastes and by-products toward standardization in East Asian countries

予算区分
BE 環境-推進費(補助金)
研究課題コード
1113BE003
開始/終了年度
2011~2013年
キーワード(日本語)
環境安全品質,東アジア,建設資材,副産物,廃棄物
キーワード(英語)
Environmentally Sound Quality of Chemicals, East Asia, Construction Material, By-product, Waste

研究概要

東アジア共通化が可能な、循環資材の環境安全品質管理手法を確立する。すなわち、ライフサイクルを通した品質管理の枠組みと試験評価・解析手法を各国の循環資材へ適用し標準規格化を図る。また、循環資材の環境安全品質向上を目的に、主に都市ごみ焼却灰利用製品の製造技術(溶融・セメント原料化)と品質管理技術の高度化を図る。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

本研究の目的を達成するため,以下の3つのサブテーマに取り組む。
(1)各国の廃棄物・副産物の発生と利用に関するフロー及び関連する法制度、管理の仕組み等の現状調査を行う。鉄鋼スラグや都市ごみ焼却灰等、各国で発生する循環資材を対象に、提案する品質検査法を適用してデータの蓄積・相互比較を行う。
(2)循環資材の長期的な安全性を評価するための試験評価法と環境影響解析モデルを開発し、東アジア各国・地域の気候(降水量、寒暖差、凍上など)・地盤パラメータ情報の収集整理に基づき環境影響シミュレーションを実施することにより、各々の利用条件ごとに要求される環境安全品質を明らかにする。各国研究機関との連携により、循環資材の試験データを蓄積する。
(3)循環資材の環境安全品質向上を目指して、品質性状にばらつきの大きい都市ごみ焼却灰を主な対象に、前処理技術改善による溶融スラグの品質安定化研究に取り組む。適切な検体数の設定と代表試料採取、品質管理試験のばらつき最小化、オンサイト試験法開発等の研究を行う。

今年度の研究概要

(1)循環資材の環境安全管理方策に関するワークショップを開催し、研究者ネットワークの形成を進める。東アジア各国の現状と課題に基づき環境安全品質管理に関する枠組みの標準化と個別事例への具体的適用を試みる。品質管理試験を提案し,各国の循環資材を用いたデータ蓄積・相互比較を行う。
(2)乾湿サイクル試験の乾湿履歴条件を確定し,石炭灰混合材料等の循環資材に適用する。バッチ試験とカラム試験との互換モデル化と,曝露試験データの環境影響解析モデルへの反映手法を構築する。東アジア各国・地域の気候・地盤パラメータ情報を収集整理する。環境影響価における感度解析を実施する。
(3)溶融スラグ化時の塩分の挙動に対する溶融雰囲気の影響を,雰囲気ガスを調整可能な廃溶融実験装置を用いて解明する。エージング処理の焼却灰の鉱物組成変化研究に着手する。品質管理をより合理的に行うためのモニタリング法ならびに現場試験法を検討する。

外部との連携

大阪工業大学,大阪市立大学,福岡大学

関連する研究課題
  • 0 : 資源循環・廃棄物研究分野における研究課題

課題代表者

肴倉 宏史

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    循環利用・適正処理処分技術研究室
  • 室長
  • 博士(工学)
  • 工学
portrait

担当者