ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

震災・津波による三陸沿岸域の生物多様性・機能的多様性への影響の定量化(平成 23年度)
Quantitative evaluation of effect of earthquake disaster and Tsunami impact on biodiversity and functional diversity in Sanriku coasts

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
1112AF001
開始/終了年度
2011~2012年
キーワード(日本語)
津波,震災,機能的多様性,沿岸域,三陸(東北),海草,小型無脊椎動物,港湾整備
キーワード(英語)
Tsunami, earthquake disaster, Functional diversity, Coast, Sanriku (Tohoku), Seagrass, Macrofauna, port improvement

研究概要

現在、東日本大震災復興のための沿岸域の港湾整備が急速に進められている。社会的・経済的復興が最優先課題であるため産業活動(漁業等)に対する配慮が行き届く一方で、その産業活動を支える沿岸生態系(特に潮下帯)が震災後の現在どのような状態にあるのか、震災によって生物多様性(種組成)や機能はどの程度変化したのか等の基礎的知見は欠落している。震災による生態系の変動を考慮しない人為的な港湾環境の改変によって2次災害(例えば、鍵種の損失)の危険性も否めない。生物多様性を軸に、沿岸域生態系の保全・持続的利用を考慮した港湾整備のあり方を提案するための科学的根拠を得ることが急務である。
本研究は三陸地方の南北に連なる各湾において、震災・津波による三陸沿岸域の生物多様性・機能的多様性への影響の定量化を目的とする。本研究では特に、沿岸域の生物多様性の回復の起点(ソース)となる基質(藻場・海草場)の震災前後の空間分布の変化に注目し、(1)震災前後の基質(藻場・海草場)の空間配置の変動、(2) 震災前後の基質に蝟集する動物群集の多様性(種構成)の空間変動から、震災前後の生物群集(動物群集)の生物多様性、機能的多様性、生物間相互作用網の空間変動パターンを解明すると共に各場間の連結度(Connectivity)の変化を見積もることで、震災・津波(大攪乱)によるこれら指標の損失の程度を定量的に把握する。さらにこれらの結果を基礎的パラメーターとして用い、今後(震災後)の生態系回復(遷移)過程を予測することを目標としている。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

本研究は、震災前の2004年-2006年に三陸地方の6湾(山田湾、船越湾、大槌湾、志津川湾、鮫浦湾)で行われた藻場・海草場調査の結果を-比較データとするため、これら6湾を中心に調査・解析を行う。
サブテーマ 1. 震災前後の基質の空間配置の変動パターンの解明
(1) 震災前後の航空写真を用いて藻場・海草場パッチの配置、海中がれき量の面積を抽出する。
(2) 航空写真から得られたそれぞれの藻場・海草場パッチを構成する種、密度、がれき量を把握するために震災前後の現場のデータを整理・採集し、抽出データを補正する。
サブテーマ 2. 震災前後の基質に蝟集する動物群集の多様性(種構成)の空間変動パターン
(1) 各湾において既存のデータと同様の時期(夏期)・場所(各湾3か所)・手法(そりネットとコドラート調査)でサンプリングを行い、それぞれのデータを整理・分析する。
(2) 震災前後の各湾の生物多様性、機能的多様性、生物間相互作用網を算出すると共に、サブテーマ1の結果を基に各場間の連結度(Connectivity)の変化も見積もる。
(3) 得られた結果を基礎的パラメーターとし、モデルシュミレーションを行い、今後(震災後)の生態系回復(遷移)過程を予測する

今年度の研究概要

サブテーマ 1
(1) 既存のデータの分析・解析を第一に完了させる。
(2) GISを用いて藻場・海草場パッチの配置、面積を抽出する。
(3) 各湾の調査ポイントで既存のデータと同様の藻場・海草の採集を行い種、密度、現存量を把握する。
サブテーマ 2.
(1) 既存のデータの分析・解析を第一に完了させる。
(2) 各湾の調査ポイントで既存のデータと同様の時期(夏期)・場所(各湾3か所)・手法(そりネットとコドラート調査)でサンプリングを行い、それぞれのデータを整理・分析する。

関連する研究課題
  • 0 : 生物・生態系環境研究分野における研究課題
  • 0 : 地域環境研究分野における研究課題
  • 0 : 地球環境研究分野における研究課題

課題代表者

山田 勝雅