ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

真核ピコプランクトンの多様性の解明:分類学とゲノム生物学からのアプローチ(平成 23年度)
Determination on diversity of eukaryotic picoplankton: an approach by taxonomy and genome biology

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1113CD015
開始/終了年度
2011~2013年
キーワード(日本語)
植物系統分類学,生物多様性,真核ピコプランクトン
キーワード(英語)
plant taxonomy and phylogeny, biological diversity, eukaryotic picoplankton

研究概要

真核ピコプランクトンとは細胞径が2 μm以下のプランクトンであり、外洋海域における一次生産とバイオマスの双方で非常に重要な役割を果たしていることが知られている。しかしながら、その潜在的な生物多様性の高さが指摘されているもののその微少な細胞サイズゆえ、実体が明らかになっている種はごく僅かである。そこで本研究では、真核ピコプランクトンの培養株を作成し、その実体を明らかにし、分類学的に整理する事を研究目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

本研究では、(1) 真核ピコプランクトンの培養株を作成し、その実体を明らかにし、分類学的に整理する事、(2) 未知の種を最も多く含むことが示唆されているピコサイズのハプト植物に着目して、そのEST解析を行い、細胞のピコ化という現象に共通するゲノム上の特徴を探索する事を目的とする。

今年度の研究概要

(1) 真核ピコプランクトンの採集。
日本国内の沿岸環境・外洋環境それぞれにおいて、海水の採集を行う。
(2) フローサイトメーター及びセルソーターによる細胞の分離およびクローン培養株の作成
採集した海水および、受入研究室からいただいた海水から、真核ピコプランクトンを分離し、様々な培養条件でクローン培養株を作成する。
(3) 作成した培養株の分子系統解析および形態観察
作成した培養株から18S rDNAを取得し、データベースに登録されている配列と共に、分子系統解析をする。また、形態観察も行い、真核ピコプランクトンの同定を行う。

関連する研究課題
  • 0 : 生物・生態系環境研究分野における研究課題

課題代表者

山口 晴代

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性資源保全研究推進室
  • 研究員
  • 博士(理学)
  • 生物学
portrait