ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

黄砂エアロゾル及び付着微生物・化学物質による呼吸器系・生殖器系・免疫系への影響とそのメカニズム解明(平成 23年度)
Effects of Asian dust aerosol on respiratory, reproductive, and immune systems.

予算区分
BD 環境-環境技術 C-1155
研究課題コード
1113BD001
開始/終了年度
2011~2013年
キーワード(日本語)
黄砂,有害化学物質,微生物,アレルギー,喘息
キーワード(英語)
Asian dust, toxic chemicals, microorganisms, allergy, asthma

研究概要

黄砂は東アジア一帯の国境をまたぐ環境問題となっており、我が国では黄砂現象時にアレルギー疾患である花粉症や小児喘息等に影響が認められることが報告され、その対応が迫られている。本研究では、他機関と連携し、黄砂エアロゾル及び分離微生物や化学物質を用いて、細胞毒性、呼吸器系、免疫・アレルギー系への影響を評価し、種々の生体影響について生物学的・化学的・物理的側面からの多角的な解析とメカニズムの解明を目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

サブサブテーマ「免疫担当細胞と気管支上皮細胞における黄砂エアロゾル及び付着微生物・化学物質の影響解明」の課題を遂行する。具体的には、リンパ球や抗原提示細胞、気道上皮細胞に黄砂やその含有成分を曝露し、健康影響を実験的に評価するとともに、生物学的、化学的、物理的要因による健康影響の相違を検討し、健康影響を規定する要因の絞り込みとメカニズムを解析する。

今年度の研究概要

気道上皮細胞に黄砂やその含有成分を曝露し、細胞毒性および細胞の活性化に関わる分子等を解析することにより、健康影響を実験的に評価する。また、生物学的、化学的、物理的要因による健康影響の相違を検討する。

外部との連携

研究代表者:市瀬孝道教授(大分県立看護科学大学)、
高野裕久教授(京都大学)との共同研究

関連する研究課題
  • 0 : 環境健康研究分野における研究課題

課題代表者

小池 英子

  • 環境リスク・健康研究センター
    病態分子解析研究室
  • 室長
  • 博士(医学)
  • 医学,生物学
portrait

担当者

  • 西川 雅高