ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

化学物質の環境経由の曝露・影響実態把握手法の高度化に関する研究(平成 23年度)
An improved method for understanding chemical exposure and environmental effects

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1115AQ037
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
一斉分析
キーワード(英語)
包括的測定

研究概要

さまざまな曝露経路における化学物質の複合的な曝露・影響について評価するための計測手法を高度化し、実試料へ適用する。即ち、分解物や代謝物を含めたLC-MSMS等による計測手法の高度化と適用、複合的な曝露影響を評価するためのin vitroハザード評価法の開発と適用を行う。また曝露と影響の関係を把握するために、影響因子となる物質、あるいは影響の指標となるマーカーの探索も試みる。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

環境経由の化学物質曝露量を総量として評価するためには、生体試料中及び環境中の分解物・代謝物の曝露量計測が必要である。本テーマでは環境中に存在する汚染物質を対象とし、LC-MS、GC-MS等を利用した分解物・代謝物推定と、一斉分析手法の開発を行うとともに、実試料への適用を行う。
また化学物質曝露の影響評価法として、in vitroバイオアッセイ法の構築行う。特に免疫毒性に関連するRAR関連オーファン受容体(ROR)等を導入した試験用酵母を新たに作成する。またこれまでに開発してきた各種受容体結合活性試験、遺伝毒性試験による各種環境媒体中化学物質のハザード評価を行う。また各種分画手法を併用し、環境試料が示す毒性の主要因となる物質、あるいは毒性のマーカーになりうる物質の探索も試みる。

今年度の研究概要

今年度は、尿などの生体試料中の化学物質の一斉分析を目指したLC-TOF等の利用を検討する。また大気試料を各種受容体結合活性試験に適用し、その活性レベルを把握するとともに、RORを導入した試験用酵母の作成に着手する。

関連する研究課題
  • 0 : 環境リスク研究分野における研究課題

課題代表者

白石 不二雄

担当者

  • portrait
    中島 大介環境リスク・健康研究センター
  • 河原 純子