ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

再生品利用に係る環境安全品質試験の開発・標準化と適用(平成 23年度)
Development, standardization and application of testing methods for the evaluation of recycled products on environmentally sound quality of chemicals

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1115AQ012
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
再生品,環境安全性,試験法
キーワード(英語)
Recycled Product, Environmentally Sound Quality of Chemicals, Test method

研究概要

(1)廃棄物・副産物の建設材料利用のための環境安全品質試験の開発と標準化:建設材料利用可能な廃棄物・副産物(循環資材)の環境安全品質試験と検査方法の開発と標準化を行い,実試料に適用していくとともに、環境安全品質を確保した循環利用のための方策を提示する。
(2)プラスチック再生製品を対象に、含有される添加剤等の有害物質分析(含有量試験、溶出試験等)を行う。また、その再生過程や使用過程における光や熱、加水分解挙動等について実調査とともに試験系をデザインし、そのメカニズムを調べ、環境安全性に関する考察を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

(1)循環資材の発生と利用や法制度等の国内外の現状調査を行い、環境安全品質管理の枠組みと品質検査法の標準化に取り組む。また,循環資材の長期安全性を評価するための試験法と解析モデルを完成し,様々な循環資材の試験データを蓄積するとともに,気候・地盤パラメータの違い等で必要な環境安全品質を規定する。さらに,適切な試料採取法や簡易モニタリング法等から成る合理的な品質管理技術を確立する。
(2) 再生プラスチック製品中の添加剤や重金属類等について含有量試験及び溶出試験を行い、再生製品の化学的性状について把握を行う。また、実際の使用を模した光や熱、加水分解試験を耐候性試験機等を用いてデザインし、対象物質の組成や溶出性の変化について調査を行い、変性メカニズムについて考察を行う。再生製品製造時の金型腐食や臭気発生等の現場プロセスでの問題解決にも取り組む。

今年度の研究概要

循環資材の発生と利用や法制度等の国内外の現状調査を行う。環境安全品質管理の枠組みと品質検査法の標準化に取り組む。再生プラスチック製品の含有量試験及び溶出試験を行う。耐候性試験機を用いた変性メカニズム研究に取り組む。

外部との連携

大阪市立大学,福岡大学

関連する研究課題
  • 0 : 資源循環・廃棄物研究分野における研究課題

課題代表者

肴倉 宏史

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    循環利用・適正処理処分技術研究室
  • 室長
  • 博士(工学)
  • 工学
portrait

担当者