ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

塩素系化学種を中心とした成層圏化学過程の研究(平成 23年度)
A study on chemical processes of chlorine compounds in the stratosphere

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1111AQ002
開始/終了年度
2011~2011年
キーワード(日本語)
成層圏,オゾン
キーワード(英語)
stratosphere, ozone

研究概要

成層圏オゾンに関する化学過程の定量的把握を目的として、わが国の大気観測センサ、超伝導サブミリ波リム放射サウンダ(SMILES)からのデータを活用した解析的研究を実施する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

南極極渦内で取得されたHClの高度分布について、気象データと組み合わせた解析からそのデータ質評価を実施する。次に北極極渦内で取得されたClOの高度分布からClOOClの熱平衡定数に係る基礎的な化学情報を導出する。

今年度の研究概要

公募研究者のみが取得可能なSMILESのバージョン1.3を利用して予備解析を実施する。次に夏以降にリリース予定の一般公開バージョンのデータセットを利用してHClのデータ質評価を行い論文としてまとめる。また、北極のClOデータを気温の関数として統計処理を行いClOOClの熱平衡定数を導出する。過去の室内実験値や限られた観測からの導出値と比較検討する。

関連する研究課題
  • 0 : 地球環境研究分野における研究課題

課題代表者

杉田 考史

  • 地球環境研究センター
    地球大気化学研究室
  • 主任研究員
  • 理学
  • 地学
portrait