ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

細胞間・細胞内ネットワークに注目した環境汚染物質によるアレルギー増悪機構の解明(平成 23年度)
Studies on the mechanisms via which environmental pollutants enhance allergy, with special emphasis on the intercellular and intracellular networks

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1013CD002
開始/終了年度
2010~2013年
キーワード(日本語)
細胞間ネットワーク,環境汚染物質,アレルギー,メカニズム
キーワード(英語)
intercellular network, environmental polutants, allergy, mechanism

研究概要

本研究では、アレルギー増悪影響においてkey roleを担っている免疫担当細胞とそのネットワーク、及び、細胞内分子とそのネットワークをin vitro, ex vivo, in vivoで系統的に解析し、絞り込み、明らかにする。以上より、環境汚染物質によるアレルギー増悪メカニズムの細胞間・細胞内ネットワークに着目した系統的解明とスクリーニング手法の提案をめざす。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

疫学や動物モデルを用いたこれまでの研究によりアレルギー疾患を増悪することが既に明らかにされている環境汚染物質を主たる対象とし、アレルギー増悪作用のメカニズムをアトピー動物とその免疫担当細胞を用いて解明する。特に、アレルギー増悪影響においてkey roleを担っている免疫担当細胞とそのネットワーク、及び、細胞内分子とそのネットワークをin vitro, ex vivo, in vivoで系統的に解析する。また、複数の環境汚染物質について同様の検討を行い、アレルギー増悪の鍵を握るネットワーク、細胞、 分子の各種汚染物質による異同についても検討する。

今年度の研究概要

本年度は、フタル酸エステル等の化学物質を対象とし、昨年度と同様に脾細胞中の構成細胞に及ぼす影響について検討する。脾細胞全体に対し、分離した各細胞群における当該物質の影響を比較検討することにより、影響の作用点となっている免疫担当細胞群を絞り込むことを試みる。

外部との連携

研究代表者:高野裕久教授(京都大学)の分担研究

備考

旧執行予算コード:120161

課題代表者

小池 英子

  • 環境リスク・健康研究センター
    病態分子解析研究室
  • 室長
  • 博士(医学)
  • 医学,生物学
portrait