ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

GCOM-C1に基いた地表面蒸発散量の推定アルゴリズムの開発(平成 22年度)
Algorithm Development of Land Surface Evapotranspiration based on GCOM-C1

予算区分
KZ その他公募
研究課題コード
0912KZ001
開始/終了年度
2009~2012年
キーワード(日本語)
蒸発散量,アルゴリズム,衛星データ
キーワード(英語)
Evapotranspiration, Algorithm, Sattellite Data

研究概要

GCOM-C1に搭載するSGLI の可視バンド、近赤外線バンド及び熱赤外線バンドのデータを用いて、地表面の蒸発散量(ET)を推定するアルゴリズムを開発することである。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

地表面の熱収支理論を基いて、地上観測データを依存しない新たなリモートセンシング蒸発散モデルを開発する。このモデルは地表面の空力特性を考慮したにもかかわらず、地上観測データを使わない。このモデルをベースにアルゴリズムを開発し、GCOM-C1に搭載するSGLI の可視バンド、近赤外線バンド及び熱赤外線バンドのデータを用いて、地表面蒸発散量(ET)のプロダクトを作成する。

今年度の研究概要

衛星データと現場観測データを用いた蒸散量アルゴリズムの比較: 開発されたSim-ReSETモデルなど蒸散量アルゴリズムの性能を比較するため、環境省が実施している「温暖化影響早期観測ネットワークの構築」プロジェクトによる獲得されたMODISデータや現場観測データを用いて、蒸散量アルゴリズムの性能の比較を実施する。

備考

Civil & Environmental Engineering, University of Connecticut

課題代表者

王 勤学

  • 地域環境研究センター
    王主席研究員室
  • 主席研究員
  • 地球環境学 博士
  • 地理学,地学,農学
portrait