ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドライン策定検討(平成 21年度)
Studies on setting a guideline for health risk assessment of hazadous air pollutants

予算区分
MA 委託請負
研究課題コード
0810MA002
開始/終了年度
2008~2010年
キーワード(日本語)
リスク評価,有害大気汚染物質,環境基準
キーワード(英語)
risk assessment, hazadous air pollutant, environmental quality standard

研究概要

有害大気汚染物質に関しては、有害性の程度や大気環境の状況等に鑑み健康リスクがある程度高いと考えられる22物質が優先取組物質として選定されている。これらの健康リスク評価・指針値策定の手順については「指針値算出の具体的手順」として、評価方法の基本的な考え方が示されている。今後、評価値を設定する基本的な方針として、現在の「手順」より詳細なガイドラインとなるべき考え方を示すことを目標に、我が国や諸外国において実施された評価方法を整理し、最も適切なリスク評価値の算出方法について検討する

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

1.従来のリスク評価方法の確認
国内外において、これまでに行われた化学物質のリスク評価の方法や対象物質選定の考え方を、吸入曝露を中心に文献調査する。この調査を基に、動物実験に基づくリスク評価方法とその問題点、及び解決すべき課題を次の手順に従い整理する。
?わが国における有害大気汚染物質の従来のリスク評価方法の整理
?国際機関や諸外国における有害大気汚染物質の従来のリスク評価方法の整理
?動物実験データの利用によるリスク評価の問題点の整理
?吸入による曝露評価と種間外挿の問題点の整理

2.閾値のある健康影響に基づく評価方法の検討
国内外の評価書等の文献を参照して、下記の事項を整理する。
?不確実係数の概念の整理
?不確実係数の具体的な設定ルールに関する検討
?無毒性量等を使用しない評価方法についての整理

3.閾値のない健康影響に基づく評価方法の検討
閾値のない健康影響とは実質的には発がん性であり、上記2.項と同様に、国内外の評価書等の文献を参照し、下記の事項を整理する。
?有害性の閾値の有無の判断に関する検討
?リスク評価の方法と手順の検討
a. ユニットリスクの算出に関する検討
b. 種間外挿の考え方の整理

これら収集した情報を基に、最も適切なリスク評価値の算出方法について検討する。

今年度の研究概要

有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドライン策定に向けた下記の詳細事項を検討し、今後の課題を整理する。
?リスク評価の前提となる事項の整理
有害大気汚染物質のヒトへのリスク評価において、優先的に活用すべき「適切な」疫学的研究の知見とはどのようなものであるか、また、適切な疫学的研究の知見がなく、動物を用いた実験的研究の知見を用いようとする場合に、リスク評価に用いることのできる動物実験データとはどのようなものか、など、リスク評価の前提となる事項に関し整理する。
?有害性の閾値の有無判断に関する検討
疫学研究データあるいは動物を用いた実験研究のデータから健康リスク評価を実施する際、閾値のある健康影響と閾値のない健康影響に分けて検討するのが適切であると考えられる。そのため、まず当該影響の閾値の有無を判断するための検討を行う。
?閾値のある健康影響に基づく有害性の評価方法の検討
閾値のある物質に対し、動物実験のデータを用いて、指針値を算出する際の不確実係数の具体的な設定ルールの策定方法について検討を行う。
a.不確実係数の概念の整理
b.不確実係数の具体的な設定ルールに関する検討
c.無毒性量等を使用しない評価方法についての検討
?閾値のない健康影響に基づく有害性の評価方法の検討
閾値のない発がん物質に対し、動物実験のデータを用いて、ユニットリスクを算出する方法について検討を行う。

関連する研究課題
  • 0 : 環境リスク研究センターにおける研究活動

課題代表者

青木 康展

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 薬学博士
  • 薬学,生化学,生物学
portrait

担当者

  • 松本 理環境リスク・健康研究センター
  • 蓮沼 和夫
  • 松崎 加奈恵