ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有害化学物質の生態系影響評価:動物プランクトンへの群集レベル効果の解明(平成 21年度)
Role of biological interactions in structuring zooplankton community and disturbance by anthropogenic toxic chemicals on them

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0912CD001
開始/終了年度
2009~2012年
キーワード(日本語)
湖沼,プランクトン群集,化学物質
キーワード(英語)
lake, plankton community, anthropogenic chemicals

研究概要

本研究では「プランクトン群集構造を決定する生物間相互作用の役割とメカニズムを解明し、それを撹乱する人為化学物質の影響を解明すること」を目的としている。具体的には、富栄養湖で優占種となることの多い、2種のゾウミジンコ(Bosmina longirostrisとB. fatalis)と2種の捕食性プランクトン(ケンミジンコとノロ)の4者間での捕食・競争関係を明らかにすると共に、それらの生物間関係を撹乱する殺虫剤の影響を、数理モデルを用いた解析により明らかにすることを目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

群集モデルの構築および生態影響評価への応用
我々の先行研究から、プランクトン生物種間で殺虫剤耐性が大きく異なることが示された。さらに、これらの生物に致死影響を与えない、低濃度の殺虫剤が、捕食者によって誘導される枝角類の形態防御を促進(または抑制)させることが明らかになり、殺虫剤が捕食‐被食関係を介して間接的に群集構造に影響を与えることが示された。これらの結果は、環境中に混入した殺虫剤が汚染レベルに依存してプランクトン群集構造を変えることを示唆する。本研究では、以下の

今年度の研究概要

[ 対象生物を用いた急性・慢性毒性試験 ]
諏訪湖・霞ヶ浦で観察される実験対象生物である数種の枝角類とその捕食者を用いた急性・慢性毒性試験を殺虫剤(カルバリル、ダイアジノン)と除草剤(シメトリン)で行い、これらの化学物質に対する耐性の比較を行う。

[ 基礎データの蓄積及び個体群動態モデルの構築 ]
室内実験を行い、各湖のミジンコ種の競争関係・個体群変動を制限する要因を明らかにする。

関連する研究課題
  • 0 : 環境リスク研究センターにおける研究活動

課題代表者

坂本 正樹