ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境変動下における生態系とキーストーン種の挙動(平成 21年度)
Dynamics of ecosystem and the keystone species under changing environments

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0610AE411
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
食物連鎖,系統地理,関東地方,底生動物,羽化発生
キーワード(英語)
FOOD CHAIN, PHYLOGEOGRAPHY, KANTO REGION, BENTHIC ANIMAL, EMERGENCE

研究概要

環境変動下における生態系の変化とその仕組みを解明するためには、生態系自体とそれを構成する生物種、なかでもキーストーン種の挙動を把握することが重要である。また、キーストーン種は地史的な環境変化の中で独自の地域集団を進化させ、その適応特性を通じて地域生態系を構成していると考えられるため、種の地域構造の解明が生態系管理の上で欠かせない。そこで、本研究ではキーストーン種の地域集団構造の把握を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

水域生態系を主な対象として、そのキーストーン種を取り上げる。その生物種の地域的な遺伝変異をミトコンドリア遺伝子の塩基配列から割り出す。複数の生物種について、このような地域的遺伝変異を比較し、種間の共通性と相違を抽出して、地域生態系を特徴づける遺伝的地域集団構造を解明する。

今年度の研究概要

関東平野を中心に、普通種淡水魚複数種を調査対象として、地域的な遺伝変異を調べて、地域集団の所在とその範囲を調べる。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

高村 健二

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 博士 (理学)
  • 生物学
portrait