ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有害物質管理・災害防止・資源回収の観点からの金属スクラップの発生・輸出状況の把握と適正管理方策(平成 21年度)
Development of appropriate management measures for scrap metal export from the perspective of hazardous materials control, fire prevention and material recovery

予算区分
BE 環境-循環型社会
研究課題コード
0810BE003
開始/終了年度
2008~2010年
キーワード(日本語)
金属スクラップ,輸出,有害物質,火災,資源回収
キーワード(英語)
scrap metal, export, hazardous materials, fire, material recovery

研究概要

近年、中国などに大量に輸出されている金属スクラップについて、有害物質の混入や火災など発生している一方、実態に関する知見が不足し、適切な安全管理、行政指導を行い得ていない。このため、発生源・分類・組成調査や火災実験などを通じて、有害物質管理・防災・資源回収の観点から、金属スクラップの発生・輸出の実態を解明し、適正管理方策を提示することを目的とする。あわせて、法制度面からの検討も行い、輸出入両国での現在の法的規制の課題や、輸出の現状と国内のリサイクル制度との関連性を検証し、改善策を提案する。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

20年度 主に「その他の鉄スクラップ」に着目して、発生源と内容を分類する。有害物質や火災と関係の深そうな種類の金属スクラップについて組成調査を実施する。火災事故事例の分析等により、原因物質の特定を行うとともに、ラボスケールでの実験によって、火災発生・拡大の基礎的知見を明らかにする。循環資源の輸出入規制と実施状況を整理するとともに、国内のリサイクル制度や廃棄物関連法が金属スクラップの輸出などに対して与えている影響を考察する。
21年度 金属スクラップについて組成調査を継続し、代表性の向上を図る。有害物質などの特定と混入割合を求めるとともに、国内リサイクルの阻害要因を明らかにする。大規模な火災実験によって火災発生の拡大機構を解明する。事故時対応、拡大防止、情報共有化など基礎的な安全管理項目を提案する。循環資源の輸出入規制と実施状況の継続調査によって、金属スクラップに対する有害物質混入防止のための課題を抽出するとともに、有害物質や使用済み家電などが金属スクラップに混入しないための国内リサイクル制度の課題を取りまとめる。
22年度 金属スクラップの代表的な分類と組成を示し、発生源からのフロー推定結果を提示する。必要な輸出品目分類見直し案などの提示を行う。火災実験等の結果を取りまとめ、火災防止・消火対策を含めた安全管理情報提供システムを構築する。有害物質管理・防災・資源回収の観点から必要な適正管理方策を提示する。

今年度の研究概要

1 金属スクラップの組成調査・物質フロー分析
金属スクラップとして主に「その他の鉄スクラップ」に着目し、文献調査とヒアリング調査によって、業界用語(ミックスメタル、雑品など)と貿易統計品目との対応関係に留意しつつ、発生源と品目を分類する。次に、分類された金属スクラップのうち、有害物質や火災と関係の深そうな品目についてサンプリングを行い、組成調査を実施する。これによって、電池類、バーゼル法対象有害物質、廃電気電子機器類などの割合を求めるとともに、それらが混入したフローと原因を調査する。また、中国での取り扱われ方についても基礎的情報を収集する。
2 火災発生原因の解明と対策
金属スクラップに混入されている物質のうち、低温での発熱危険性がある金属類や油分、プラスチック、放電や異常反応の可能性のある電池類等、火災発生の原因が疑われているスクラップについて、その火災危険性、出火のプロセスを種々の熱量計を用いて分析する。さらに、大規模な火災・消火実験を行い、燃焼拡大メカニズムの解明、水をできるだけ使わない消火手法の開発・提案を試みる。同時に類似事例を含めた事故事例を収集・分析し、火災危険性物質の抽出に加えて、安全化のための人的、組織的要因を明らかにする。
3 管理制度と施行状況に関する法的検討
循環資源の輸出入規制や国内のリサイクル制度などの観点から、金属スクラップに有害物質などが混入したり、国内リサイクルに回りにくい現状を分析する。まず、輸出入規制として、国内における廃棄物処理法、バーゼル法、税関検査や船積み前検査、また中国における輸入規制、輸入業者許可制度などを整理するとともに、これらが金属スクラップに対する有害物質混入防止などについてどの程度実効性を有しているか検証する。また、国内のリサイクル制度が、金属スクラップの輸出、さらに有害物質や使用済み家電などの混入などに与えている影響を考察する。

備考

共同研究者:村上進亮(東京大学大学院),古積博・佐宗祐子(消防研究センター),山崎ゆきみ(海上保安試験研究センター),若倉正英・和田有司(産業技術総合研究所),鶴田順(海上保安大学校)

課題代表者

寺園 淳

  • 資源循環・廃棄物研究センター
  • 副センター長
  • 博士(工学)
  • 工学
portrait

担当者