ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

化学物質曝露に関する複合的要因の総合解析による曝露評価(平成 20年度)
Integrated exposure assessment analysis of the complex factors of chemical exposure

予算区分
AA 中核研究
研究課題コード
0610AA301
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
曝露評価,総合的曝露モデル,バイオアッセイ,網羅的化学分析,地理情報システム
キーワード(英語)
EXPOSURE ASSESSMENT, INTEGRATED EXPOSURE MODELS, BIOASSAY, EXAUSTIVE CHEMICAL ANALYSIS, GEOGRAPHIC INFORMATION SYSTEM

研究概要

 化学物質の曝露を考える上では、多数の物質による多重的な曝露、一つの物質の持つ複雑な影響スペクトル、排出から個人あるいは生態系への曝露に至る過程で関連する自然的、時間的また社会的な因子などを考慮した評価・解析が重要である。これらは、最終的なリスク評価における複合影響の評価において特に不可欠な解析となるが、本プロジェクトではまず化学物質の多重的な曝露のより包括的な評価を目指す。このために、(1)地域GIS詳細モデルおよび地球規模など複数の空間規模階層を持つ動態モデル群の総合的構築、(2)バイオアッセイと包括的測定の総合による環境曝露の監視手法の検討と曝露評価への適用、(3)モデル推定、観測データ、曝露の時間的変動や社会的要因などの検討と総合解析による曝露評価手法と基盤の構築と整備、の3つの課題を設定し、それらの有機的な連携を通じて化学物質曝露に関する複合的要因の総合解析を達成し、新たな知見を与えることを目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

(1)地域GIS詳細モデルおよび複数の空間規模階層を持つ動態モデル群の総合的構築
 近年のGIS(地理情報システム)およびGISを基盤とする多媒体モデル等の成果を発展させ、地域スケールでの詳細曝露評価を可能にするための地域GIS詳細モデル、地球規模での汚染拡散が問題となる物質群を対象とする地球規模モデルの開発を中心とし、これを用いて複数の空間規模と多重的な化学物質の曝露解析を試みる。中期計画前半においては、個々の単位モデル群の開発・改良・導入またデータ整備を中心として検討する。後半においては、これらの階層的総合化のシステム開発と、これを用いた多重的曝露の実際の推定を試みる。また、GIS動態モデルの地理分解能を持つ動態モデル出力を用いる曝露解析の達成のため、水環境における化学物質の生物移行のモデル化、小児の曝露因子の解析等を並行して進める。
(2)バイオアッセイと包括的測定の総合による環境曝露の監視手法の検討と曝露評価
 環境観測を基盤として、多重的な曝露と種々の影響スペクトルを効率的に監視することを目標として、in vivoおよびin vitroのバイオアッセイ群による予見的な影響・曝露の包括的把握と、網羅的分析法を中心とする広範な物質レンジの効率的な監視手法を組み合わせた環境曝露の監視体系の再構築を行う。具体的には、大気・水環境を主対象とする多媒体の曝露把握を、バイオアッセイ群と網羅的測定の総合によって達成することを目指す。中期計画前半においては、環境試料へのバイオアッセイ手法の適用のための試料調製手法等の準備・開発を中心として行い、予備的な環境調査を実施する。中期計画後半では、前半での予備的環境調査の結果を踏まえたバイオアッセイ・計測体系の再構築と更に詳細な曝露把握のための環境調査を実施する。
(3)モデル推定、観測データ、曝露の時間的変動や社会的要因などの検討とこれらの総合解析による曝露評価手法と基盤の整備
 モデル推定、バイオアッセイなど観測データ等を用いた化学物質の多重的曝露の推定を目標として、データ蓄積、一連のモデルやデータを蓄積また解析の情報技術的また統計的手法の検討と開発を行う。中期計画前半においては、データ蓄積、情報技術的および統計的手法の検討、また調査の実施を中心として行う。中期計画後半においては、データ蓄積や調査を継続しつつ、各課題の成果から曝露把握の総合化の検討を行い、最終的に、多重的な曝露状況と関連する要因等の可能な解析を提出することを目指す。

今年度の研究概要

課題(1)については、地域規模GIS多媒体モデルについては、排出シナリオの検討など多重曝露推定の実行のための検討を行う。地球規模動態モデルについては、POPsを主な対象に、水銀等の有害金属の検討も並行しながら大気モジュールの改良・開発と観測値による検証を進める。また、東京湾におけるPCB, PFOS等のフィールド調査および室内実験による生物移行のモデル化の検討を進める。小児の曝露特性把握のため引き続き調査を実施する。
課題(2)については、環境・生態系に対する曝露計測を目標に河川水等の多面的評価に適した試料採取法・調整法を用いた全国調査を可能な地点については拡大しつつ継続し、バイオアッセイによる多重的な曝露把握の解析をすすめる。また、日本版WET構築のための検討としてケーススタディーの実施とともに、国際的な試験法開発等に関する検討を継続する。
課題(3)については、不検出値を含むモニタリングデータに対する評価手法等の統計手法は継続しつつ、曝露総合化のためのデータ蓄積、方法の検討を行い、モデル・観測また関連データを用いた多重曝露の把握手法と解析の方向性を検討する。

備考

環境リスクプログラム各中核プロジェクト、特に中核プロジェクト4とは特に密接に共同して実施する。

課題代表者

鈴木 規之

  • 環境リスク・健康研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 工学,化学,土木工学
portrait

担当者

  • 今泉 圭隆環境リスク・健康研究センター
  • 櫻井 健郎環境リスク・健康研究センター
  • 白石 不二雄
  • 鑪迫 典久
  • portrait
    中島 大介環境リスク・健康研究センター
  • 河原 純子