ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

電気駆動車両の普及方策に関する研究(平成 19年度)
A study on measures to introduction of electrical drive system

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0710AE295
開始/終了年度
2007~2010年
キーワード(日本語)
電気駆動
キーワード(英語)
Electric drive system

研究概要

電気駆動系は、車両におけるエンジン駆動系に対して環境負荷が小さい駆動系である。それらの早期の普及を進めるには、現在の電気駆動系の性能に合致した利用分野の設定と、従来エンジン車に匹敵するコスト競争力を持つ必要がある。ここでは、電気駆動系車両の導入ポテンシャルの計算、車両の低コスト化のための方策について検討することを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

1年目、乗用車の利用実態データを元に、現在の電気駆動系の性能で代替できる用途、距離等を明らかにする。2年目、開発中の駆動系に関する情報収集を行うとともに、利用可能な電気駆動系車両の価格と生産プロセス等を調査する。3年目、代替できる分野に適用可能な車両駆動系とその低コスト化方策を検討し、実現可能性を調査する。最終年度、電気駆動系の導入による環境負荷の低減効果の評価を行う。

今年度の研究概要

乗用車の利用実態データを元に、現在の電気駆動系車両の性能で代替できる用途、距離等を明らかにする。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(社会環境システム研究領域)

課題代表者

近藤 美則

  • 地域環境研究センター
    広域大気環境研究室
  • 主席研究員
  • 博士(工学)
  • システム工学
portrait