ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

猪苗代湖湖水のpH上昇の原因調査(平成 19年度)
Investigation of the cause of pH rise in Lake Inawashiro

予算区分
AH 地環研
研究課題コード
0708AH368
開始/終了年度
2007~2008年
キーワード(日本語)
猪苗代湖,中性化
キーワード(英語)
Lake Inawashiro, neutralization

研究概要

猪苗代湖は日本最大の酸性湖であり,その湖水は水道用水・農業用水・発電用水に利用されるほか,水浴場としても利用されている.磐梯朝日国立公園内の観光資源としても貴重な湖である.猪苗代湖のpHが昭和65年頃よりわずかに上昇,中性化しつつある.今後,さらにpHが上昇し,中性化が進行することによって水質が悪化し,湖が富栄養化すること等が懸念されている.湖の水質保全対策を講じるためには,pH上昇の原因を解明し,今後の水質を予測することが必要である.

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

酸性河川源流域調査,猪苗代湖及び長瀬川等の流入河川のイオンバランスの季節的変動と経年変化調査,猪苗代湖の流入・流出河川調査を順次実施し,結果を解析する.

今年度の研究概要

性河川源流域調査,猪苗代湖及び長瀬川等の流入河川のイオンバランスの季節的変動と経年変化調査,猪苗代湖の流入・流出河川調査を順次実施しする.

備考

共同研究機関:福島県環境センター

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(化学環境研究領域)

課題代表者

田中 敦

  • 環境計測研究センター
    基盤計測化学研究室
  • 室長
  • 理学士
  • 化学
portrait