ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境変動下における生態系とキーストーン種の挙動(平成 19年度)
Dynamics of ecosystem and its keystone species under changing environments

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0610AE411
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
食物連鎖,遺伝的距離
キーワード(英語)
FOOD CHAIN, GENETIC DISTANCE

研究概要

環境変動下における生態系の変化とその仕組みを解明するためには、生態系自体とそれを構成する生物種、なかでもキーストーン種の挙動を把握することが重要である。そこで、本研究ではそのための包括的手法の開発と変化実例の把握を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

水域生態系を主な対象として、そのキーストーン種を判別する。次に、その生物種の生態系食物連鎖上の位置と生息場所内の移動頻度を測定し、生態系の構造と規模の発達程度を知る。同時に、そのための適切な調査手法を開発する。さらに、生態系に影響を与える要因、生息場所分断化や生息環境汚染などの影響を以上の方法で評価する。

今年度の研究概要

河川生態系を対象に生態系を構成する魚類・無脊椎動物・藻類・水中懸濁物の採集を行なった。その結果、魚類ではオイカワ・ウグイ、無脊椎動物ではヒゲナガカワトビケラ・ヒラタカゲロウ類・チラカゲロウが量的に多かった。これらの生物に注目して、生態系の食物連鎖構造を解析する。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(生物圏環境研究領域)

課題代表者

高村 健二

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 博士 (理学)
  • 生物学
portrait