ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境政策の長期シナリオ(平成 19年度)
Long-term Scenario for Environmental Policy

予算区分
CE 文科-振興費
研究課題コード
0609CE491
開始/終了年度
2006~2009年
キーワード(日本語)
持続可能性,長期シナリオ,環境政策
キーワード(英語)
SUSTAINABILITY, LING-TERM SCENARIO, ENVIRONMENTAL POLICY

研究概要

サステイナビリティの最も典型的で差し迫った課題である地球温暖化問題に焦点を当てた国際戦略の確立を目指すとともに、環境政策の長期シナリオを作成する。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

(1)気候変動とサステイナビリティの相互関連性の研究
IPCC、IHDP等の国際的な気候変動解決を目指している研究プログラムをレビューして、温暖化問題に関する科学的知見や知識を構造化する方法の確立する。
(2)IPCCの評価報告書などにもとづいた科学的知見の集積をはかるとともに、知識の構造化を試みる。
(3)問題解決型で自律的なアジア型の研究ネットワークの構築
中国、インド、韓国、タイの研究者との情報や研究成果の交換を通じて、共同研究の基盤を整備する。

今年度の研究概要

(1)気候変動とサステイナビリティの相互関連性の研究:IPCC、IHDP等の国際的な気候変動解決をめざしている研究プログラムの報告書等をレビューし、(2)以下のサブ課題の基礎的知見を得る。
(2)温暖化問題に関する科学的知見や知識を構造化する方法の確立: IPCCの第一次〜第三次評価報告書に加えて第四次評価報告書を中心に、安定化濃度と影響に関する知識の構造化を事例的に進める。
(3)問題解決型で自律的なアジア型の研究ネットワークの構築: アジア地域を対象とした研究ネットワークの現状等から、気候モデルの将来予測値(気候シナリオ)や影響情報の研究上、政策上のニーズを明らかにすることにより、自律的な研究ネットワークのあり方を検討する。

関連する研究課題
  • 0 : 領域横断的な研究活動

課題代表者

原澤 英夫

担当者