ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境問題に現れる拡散現象に対する数値モデルの研究(平成 18年度)
Study on numerical models of diffusion phenomenon appeared in environmental problems

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0606AE512
開始/終了年度
2006~2006年
キーワード(日本語)
数値モデル,拡散現象
キーワード(英語)
NUMERICAL MODEL , DIFFUSION PHENOMENON

研究概要

環境問題に拡散現象を解析するために適した数値モデルに関する基礎研究を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

環境現象に頻繁に現れる移流拡散問題を対象に、アルゴリズムが容易で計算資源の負荷が少なくて済む陽的差分スキーの中で、格子ボルツマン方程式に基づくスキームの数値安定性解析と誤差解析を行う。都市域での移流拡散問題、交通流の解析に適した数値アルゴリズムの開発を行う。

今年度の研究概要

環境現象に頻繁に現れる移流拡散問題を対象に、アルゴリズムが容易で計算資源の負荷が少なくて済む陽的差分スキーの中で、格子ボルツマン方程式に基づくスキームの数値安定性解析と誤差解析を行う。都市域での移流拡散問題、交通流の解析に適した数値アルゴリズムの開発を行う。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(社会環境システム研究領域)

課題代表者

須賀 伸介

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 主任研究員
  • 工学博士
  • 工学
portrait