ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

内分泌かく乱作用に関する無脊椎動物のスクリーニング・試験法開発(平成 18年度)
The development of screening and testing methods for chemicals with

予算区分
AK
研究課題コード
0208AK536
開始/終了年度
2002~2008年
キーワード(日本語)
ミジンコ
キーワード(英語)
DAPHNIA

研究概要

化学物質の内分泌かく乱作用に関する無脊椎動物のスクリーニング・試験法の開発をおこなう。また日本から提案した初めての試験法として、環境省および各国と協力してOECDテストガイドラインに早く採用ことを目標とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

無脊椎動物(ミジンコ)を用いた内分泌かく乱作用の検出法の開発を以前よりおこなってきた。その結果を利用して無脊椎動物に対する内分泌かく乱化学物質の新たなスクリーニング法をOECDに提案した。テストガイドラインとして採用されるために必要な研究をおこなう。

今年度の研究概要

テストガイドライン化に向けたリングテストを行い、そのとりまとめをおこなう。

課題代表者

鑪迫 典久
  • 環境リスク・健康研究センター
  • 主席研究員
  • 博士(農学)
  • 生化学,農学
portrait