ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア大陸からのエアロゾルとその前駆物質の輸送・変質プロセスの解明に関する研究(平成 17年度)
Studies on the transport and transformation processes of aerosols and their precursors from East Asia

予算区分
BA 環境-地球推進 C-051
研究課題コード
0507BA825
開始/終了年度
2005~2007年
キーワード(日本語)
ABC, 長距離越境大気汚染, エアロゾル, 東アジア
キーワード(英語)
ABC, LONG-RANGE TRANS-BOUNDARY AIR POLLUTION, AEROSOL, EAST ASIA

研究概要

東〜東南〜南アジア地域にかかる高密度の粒子の層(ABC: Atmospheric Brown Clouds-Asia)は主に硫酸・硝酸塩や有機物、黒色炭素からなり、気候や水循環、農業や人間の健康にも多大な影響がある。一方、90年代以降減少を続けていた中国の二酸化硫黄の排出量は、最近再び増加に転じた。今後数年の間、一次汚染物質の放出量の変動と、二次汚染物質への影響を精確に把握する必要がある。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

(1) 辺戸岬大気・エアロゾル観測ステーションを活用し、エアロゾル化学成分の連続観測、ライダー観測を行い、H18年度には中国で航空機観測を行う。また東アジア地域の汚染物質収支簿を精緻化し、大気汚染物質の収受を明らかにする。(2) 沖縄辺戸岬においてバイオマスエアロゾルのトレーサー(CO、VOC)の連続観測を行う。大気汚染物質発生源での組成や輸送過程での変化について解析する。(3) 北京及び周辺域で、エアロゾルの化学組成、前駆物質の同時観測を行う。発生源付近及び日本を中心とした下流域での大気質影響評価やその将来予測に資する。(4) エアロゾル輸送・生成・除去の全球モデルを用いて南アジア−東南アジア−東アジア等アジア域に焦点をあてたシミュレーションの実行を行う。(5) 北東アジア地域への大気汚染輸送解明のため、極東ロシアで大気環境観測を行う。また、東アジア地域における酸性雨・越境大気汚染の国際的な合意形成に資するため、既存の長距離輸送モデル間の比較を行う。

今年度の研究概要

・沖縄観測サイトの立ち上げと測器の設置、データ回収の手法、精度管理手法などを確立し、AMS、NO3モニターとライダーを連続的に運転して、バックグラウンド地域におけるエアロゾル化学成分の連続観測データを取得する。汚染物質授受収支簿作成のために地域気象モデルと結合した地域規模化学輸送モデルを構築する。
・沖縄での揮発性有機物質測定を高頻度キャニスター捕集で行う。
・北京市内での観測体制を構築し、EC、OC、気体成分の濃度レベル測定を開始する。
・全球化学輸送モデル等を用い広くアジアを囲む形で、年間の酸性物質を含む大気汚染輸送の概況を求める。
・東シベリア3地点と沿海州1地点で、降水およびガス・粒子状物質などの通年観測を行う。

備考

再委託先:東京大学,豊橋技術科学大学,首都大学東京,(財)日本環境衛生センター 酸性雨研究センター

課題代表者

畠山 史郎

担当者