ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

粒子状物質の酸化ストレス作用と免疫系に及ぼす影響(平成 17年度)
Oxidative stress of particulate matter, and the effect on immune system.

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0405AE396
開始/終了年度
2004~2005年
キーワード(日本語)
粒子状物質,酸化ストレス,抗原提示機能
キーワード(英語)
PARTICULATE MATTER,OXIDATIVE STRESS,ANTIGEN-PRESENTING ACTIVITY

研究概要

酸化ストレスは環境有害物質の毒性影響において重要な要因であることから,ディーゼル排気粒子(DEP)等の粒子状物質の酸化ストレス作用について検討する.また,粒子状物質が呼吸・免疫系に及ぼす影響とその機構について検討し,毒性影響評価に有効な手法を見出す.

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

本研究ではDEP等の粒子状物質の毒性影響と酸化能との関連性を検討する.また,粒子状物質が呼吸・免疫系に及ぼす影響とその機構については,in vivo, in vitroの検討を行い,喘息様病態や抗原提示細胞に及ぼす影響について明らかにしていく.

今年度の研究概要

今年度は,強い抗原提示機能を持つ樹状細胞に着目し,この細胞を用いた毒性影響評価法について検討する.まず,マウスの骨髄細胞を採取して培養し,樹状細胞へ分化させる系を確立する.そこにDEP等の粒子状物質やそれらの構成成分を添加し,細胞分化および機能に与える影響について,細胞表面分子の発現やT細胞増殖刺激活性等の観点から検討を行う.

課題代表者

小池 英子

  • 環境リスク・健康研究センター
    病態分子解析研究室
  • 室長
  • 博士(医学)
  • 医学,生物学
portrait

担当者

  • 小林 隆弘