ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

数理モデルと生物試験を併用したダイオキシンの人健康リスク評価(平成 16年度)
Analysis of health risk of dioxin to humans using mathematical and biological model.

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0406CD496
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
ダイオキシン,数理モデル,リスク評価
キーワード(英語)
DIOXIN,MATHEMATICAL MODEL,RISK ANALYSIS

研究概要

本研究の目的は,数理モデルと動物実験を併用して,ダイオキシンの人への健康影響を定量的に評価することである。本研究では,ラットを用いたダイオキシンの毒性実験データを人の健康リスク評価に活用するため,数理モデルを併用した具体的な方法論の提示を行う。対象とするダイオキシンの影響として,発がんのプロモーター作用に着目する。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

2003年:ラットの発がんプロモータ作用を定量化するための実験を行う。また数理モデルのパラメータを得るために,ラットにダイオキシンの投与実験を行う。2004年:リスク評価に必要な数理モデル,特にダイオキシン体内動態モデルのパラメーター整備を行う。2005年:ラットの実験データを数理モデルを使って解析し,人のリスク評価を行う。

今年度の研究概要

ラットにダイオキシンの投与実験を行い,数理モデルに必要なパラメータである組織−血液分配係数の算出に必要な組織中濃度データを採取する。
また,人を対象としたダイオキシンの体内動態モデルを使って,現在の環境中汚染レベルでのバックグラウンド・リスクを算出する。

課題代表者

丸山 若重

担当者